時代が変わっていきますね…「平成」から「令和」へ

スポンサーリンク

本日4月1日。
新しい元号が発表されましたね。

 

新しくなる元号は…「令和(れいわ)」だそうで。

 

まだまだ聞きなれないのでなんだか違和感を感じてしまいますが…
響きはいい言葉です。

 

語源などは既にもっと詳しく解説されている所もあるかと思いますので、これからどんな時代になるのか…
考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

これからの時代

私は昭和の終わり頃に生まれましたので、

昭和→平成→令和の三つ目の元号ということになります。


昭和って結構長かったので、

今結構高齢の方でも同じ感じになる場合が多いと思うので、

なんだか… すごい年取った感(笑)

 

私が生まれた頃であれば明治生まれだよ!

って聞いた今は亡き曾祖父などと同じ感じ… になるのか…

 

三つまたぐのは…

次の天皇陛下に当たる現在の皇太子さまは、父親と同じくらいの年齢なので、私はその次も見れるかもしれませんね。元号。

 

長生きすればテレビに出れるかも!(笑)

…でもすでにテレビって時代じゃないかも…

何十年も先の話でももんね。
これからどんな風に時代が進むのか?

 

どう進むにしても「良い方向」へいってほしいものですが…なかなか難しいのでしょうかね。
いつの時代もそうなのかもしれません。
いつも何かがあるかもしれません。

 

ただ自分が大人になってから初めての出来事ではあるので、

平成に変わったとき(幼児でした)の頃には

思わなかったこと・考えなかったことも今では考えます。

 

自分の子どもたちが成長していくことになるこの時代。
出来るだけまだ「多くの夢を見ることのできる」

時代であってほしいと思います。

 

悲観的なニュースも多いです。
先の未来に悲観的になってしまうことも多いでしょう。

 

すぐに全ての問題が解決するとは思いませんが、

それでも、良くなってほしい…というよりは、

このままでもいいから、現状維持でもいいからってのが本音です。

 

もっと悪くなってしまうことの方が怖いです。

「平和」であれ

平成の平と、令和の和を合わせると「平和」になります。

出来るだけ大きな災害や大きな出来事が飽きることもなく、

どうか平和で平穏でありますように。

 

誰もが願うことかもしれません。

オリンピックも開催されますね。
万博も開催されます。

 

それは良いことでもあり、大きく色々なことが動くことでもあります。
その転換期に、良い方向へ転換できますように。

 

子どもたちが自分たちの意志で家庭を持ち子どもを産み育てることを前向きに考えることのできる時代。


様々な考え方がある世界の中で、

これからもっと色々な考え方が発信され、

そして「自分が共感できることにしか

共感する必要がなくなるかもしれない」世界の中で。

「目に見えない相手」を大事にする

上の子が最近ネットでランダムにマッチングして対戦するゲームが好きで、

ネット上で顔も見たことがない、

あった事もない相手と一緒に過ごすことを楽しいと感じているようです。


それはそれで、新しい世界でもあるので良いと思います。

 

ただ、一つ気を付けたいというか、気になる部分は、

近所の友達が誘いに来てくれても「ネットゲームの相手」を

優先しようとする部分です。

 

私個人の考え方として、災害など何か問題が起こった場合に、

助け合ったりできるのは「目の前にいる人」です。
「画面の向こうの人」は何も答えてくれないことになります。

 

確かに画面の向こうの人は、

自分と気がある人や同じ趣味を持っている人が中心になるでしょうから、

一緒に時間を過ごすのは楽しいでしょう。

 

目の前にいる人は必ずしも自分と同じ考え方であるわけではありませんし、

気が合うかについてもわかりません。

 

しかしそんな世の中だからこそ

「実体のあるもの」を大切に、

改めて自分の周囲を見回してみてはどうでしょうか?

 

そしていい意味で世界とつながることのできる世の中。

沢山の人と良いコミュニケーションを。

そして自分の人生を有意義に。

していける時代になると良いですね!


今回はこの辺で

 

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク