冬の湿度の大切さ/加湿器の偉大さを知る

スポンサーリンク

当たり前の話かもしれませんが… 冬って乾燥しますよね。

 

特に風邪をひいているわけでもないのにのどがイガイガしたり、

鼻水が出たり…

そこから本当に風邪をひいてしまったり…

よくありますよね^^;

 

皆さんはどんな対策を立てていますか?

今年(2019年1月30日現在)、

うちの家族は特に風邪をひくことなく元気に過ごしています。

 

上の子は元々鼻炎気味持ちと言いますが、

軽度のアレルギーのような症状を持っていますが、

特に悪化することもなくほどほどに過ごしています。

 

うちでやっていること、導入しているものが

全てに対して有効であるというわけではないと思いますが、

今現在の家の風邪(インフル)対策を書いていきたいと思います。

(PM2.5対応)BMC フィットマスク (使い捨てサージカルマスク) レディース&ジュニアサイズ 白色 50枚入

新品価格
¥297から
(2019/1/30 14:30時点)

スポンサーリンク

まず最初に基本中の基本

とりあえず、

これはほとんどの方がすでに行っていることかと思いますが…

 

特に学校(上の子)や職場(旦那)から帰宅した際には、

うがい・手洗いを徹底してもらっています。

手洗い時には泡で出てくる石鹸を使用しています。

【医薬部外品】キレイキレイ 薬用 泡ハンドソープ シトラスフルーティの香り 本体ポンプ250ml 詰め替え450ml

新品価格
¥598から
(2019/1/30 14:30時点)

うがい薬などは特に使用していません。

特に人が多い場所などへ出かけた場合には、

緑茶を使用してのうがいを行うこともあります。(いいと聞いたので)

効果の程はわかりませんが…

 

後は「マスク」ですね。

これはしっかりと顔にフィットさせることが必要ですよね^^;

 

現状は上の子が学校に予備も含めて数枚は必ず持って行っています。

子どもは少し小さめの(女性・子ども用)サイズのものを使用しています。

 

旦那は普通に大人用です。

鼻の部分がしっかりとフィットする方が、

装着感も不快感が少ないみたいです。

 

私は眼鏡をかけているので、

曇るのが嫌でめったにマスクはしていませんが…^^;

あまり外へでないので… (言い訳)

個包装の方が清潔な気がしますよね。

Teenitor マスク 個包装 マスク 不織布 使い捨てマスク ふつうサイズ 100枚入り(50枚×2箱) マスク pm2.5 個別包装 3層構造 立体 マスク 花粉 かぜ インフルエンザ予防 プリーツ型マスク

新品価格
¥1,280から
(2019/1/30 14:31時点)

旦那は↑みたいな個包装タイプを使用していますが、

上の子はいちいち袋を開けるのが面倒とのことなので…

[Amazonブランド]Presto! マスク 小さめサイズ 200枚(50枚×4パック) PM2.5対応

新品価格
¥1,680から
(2019/1/30 14:31時点)

↑みたいな感じの何枚かまとめて入っているものを購入していて

(汚れるとすぐに交換したがるので枚数がとにかくある方が良い)、

5枚くらいずつジップロックに入れ替えて持って行っています。

 

余りにもたくさん持っていても、

落としたり無駄にしたりしてしまう可能性があるので… 

5枚程度ですね。

 

手洗い・うがい・マスク事情などはうちはこんな感じです。

ちなみに下の子は、マスクはしても嫌がって外してしまうので、

今布製のもので慣れようとしている所です^^;

加湿器の使い分け

後… 今年からは加湿器を増やしました。

 

空気清浄に関しては、うちは間取り的に仕切りを極限までなくすと、

だだっ広いワンルームにも近い状態になる家なので

(古い日本の家っぽい?)、

メインの生活空間には広めの部屋に対応しているエアコンをつけています。

 

ちょっと値段は張りましたが… 

うるるとさらら」っていうダイキンのものです。

ダイキン 14畳用 4.0kW エアコン うるるとさらら RXシリーズ うるさら7 2018年モデル S40VTRXS-W-SET ホワイト F40VTRXS-W R40VRXS

新品価格
¥169,800から
(2019/1/30 14:31時点)

このエアコン… 結構いいですよ!

 

最近のエアコンは空気を綺麗にする機能みたいなのは、

結構基本的についていることも多いですが… 

除湿は出来ても加湿が出来るものって… なくないですか?

 

「うるるとさらら」はその加湿が可能な優れもの。

 

別に私はダイキンの回し者(笑)というわけではありませんが、

これは正直… かなりいいと思っています。

基本的に唇がパリパリになる… なんてことがないです。

 

子どもの頬っぺたとかも、かっさかさになること、ありません?

冬って。

 

暖房とかつけると特にです。

それがないです。

静電気などもマシですね。

 

結構高かったけど… これはいい買い物だったと思っています。

それでも足りないな… と思う部分に関しては…

空気清浄機(加湿機能付き)が上の子の部屋に一台あります。

 

リビングダイニングに当たる部分には、

大き目の加湿器を一台設置しています。

この二台は超音波式になります。

ottostyle.jp 超音波式アロマ加湿器 uruoi (うるおいプラス) ドロップ型 【大容量3L/連続加湿最大(約)15時間】 (乾燥対策、3リットル、アロマ機能付き、水滴のような丸みが可愛い) 卓上

新品価格
¥3,200から
(2019/1/30 14:32時点)

もう一台は最近購入したのですが、小型の加熱式の加湿器です。

アイリスオーヤマ 加熱式加湿器 タンク容量1? グリーン アロマトレー付き SHM-120D-G

新品価格
¥1,980から
(2019/1/30 14:32時点)

これは持ち運び…といいますか、

時間帯に合わせて動かすために小型のものにしました。

 

夕方など上の子や旦那の帰宅するであろう時間帯には、

それに合わせて玄関を加湿しています。

 

寝るときには、

旦那と下の子が寝ている所の枕元に置くようにしています。

 

これもかなり効果的であったようで、

すこーーーし喉痛いかも?と言っていた旦那が

引き込むことなく回復しました^^

 

ところで加湿っていっても… 

どのくらいの湿度を保つのが一番いいのでしょうかね??

冬に理想的な湿度とは?

そもそも湿度とはなんでしょうか?

 

湿度ある気温で大気が含むことのできる

水蒸気の最大量(飽和水蒸気量)を100として、

実際の水蒸気量の測定値をパーセント(比率)で表したもの。

だそうです。

 

なるほど。

 

では冬に理想的とされる湿度はどのくらいでしょうか?

一般的に40%以下になると、

乾燥しているということになるようですね。

そしてその40%以下になってくると、

インフルエンザなどのウイルスも活発になるんだとか。

 

ではどんどん加湿してやれば…ってわけでもなく…

ダニやカビは湿度が50%を超えた地点から繁殖が始まり、

60%を超えるとその繁殖が急激に進んでくるというのです。

 

そうなってくると今度は喘息であったり、

アレルギー性鼻炎の原因を作ってしまうことに繋がってしまいます。

 

もっとも健康にとって理想的な湿度は…

50%!だそうです。

 

ど真ん中ですね。

 

もっとも快適に眠ることが出来る湿度も

50~70%程度とのことなので(これは夏も冬も共通です)、

とりあえず50%をちょっと超える程度を目指すことが、

快適な睡眠と健康のために良い!とされているということになります。

 

昼間の湿度で一番乾燥している時間帯では、

40%近くになるみたいですね。

 

うちは田舎に住んでいるので、

それなりに緑も多いので、まだましなのかもしれません。

都会だと、もっと乾燥しているのでは?と思ってしまいます…

 

それにしても… 就寝時の方が

乾いて乾いて仕方ないような気がするのは… なんででしょうかね?

日によっては、夜間の方が湿度が高かったり(天気予報では)しますがね…。

 

ちょっと調べてみると…

寝ている間は「飲み込む」という運動が乏しくなり、

唾液や鼻の粘膜からの分泌も少なくなっているとのこと。

寝ている間は自分で潤っていくことが

できない(しにくい)ってことですね。納得。

 

なので冷たい乾燥しがちな空気のダメージをもろに受けてしまうと。

就寝時に枕元に加湿器… 

現在うちでやっていることですが、これは理にかなっていたんですね。

 

更に乾燥を改善したい場合には、

マスクをして寝るという方法もあるみたいですが… 

ちょっと息苦しい気がして私は苦手かもです^^;

まとめになりますが…

まとまってるかな?^^;

 

三学期は短い期間ではありますが、

体調不良などになりやすい時期でもあります。

受験生にとっては非常に重要な時期でもありますよね。

 

今の時期に重点をおいて体調管理に力を入れることも

もちろん大切なことですが、

一番大切なことは「元々体力があって強い体を作っておくこと」

になるのではないでしょうか。

 

健康は一日で作り上げることが出来るものではありません。

健康を改善するのも悪くするのも、

自分自身や家族の毎日の生活の積み重ねということになるのです。

 

あ母さん・お父さん・おじいちゃん・おばあちゃん。

自分自身だけでなくお子様やお孫さんの体調管理に至るまで、

必要になってくるかと思います。

 

色々大変な時期ではありますが…

対策の方法も現在では色々あるので、

模索しつつ、頑張っていきましょう!

 

そして周囲の人の体調管理も大切ですが… 

兎にも角にも!まずは自分から!ですよ。

自分が健康でなくなってしまった地点で、

人どころではなくなってしまいます;;

 

きちんと食事をとって、乾燥から身を守り、

適切な睡眠をとる。

簡単なようで… 中々難しいものですよね。

完璧に行うとなると。

本当。

難しいです^^;

 

今回はこのへんで

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク