「インターステラー」を見て思うこと。/難しい理論の話なんて分からないけどね☆

スポンサーリンク

前から気になっていた作品だったのですが… やっと見ました!

インターステラー」。

 

私は最近結構都市伝説などにハマっているので、

私にとっては想像していた以上に面白い作品に感じられました。

 

今回はそんな「インターステラー」の、あらすじや考察は… 

他の方もよく書かれていますし、

そっちの方がよっぽど分かりやすいと思うので、

(一回しか見ていないので細かいことまでわからないです^^;)

私の個人的な意見といいますか、

思ったことをいつものように書いていきたいと思います。

 

※多少のネタバレ要素を含むかと思いますので、

これから見ようと思っている方・私の話なんてききたくねーよ!って方は

ここでbackしてください。

 

暇つぶし程度にでも、お付き合い頂けましたら幸いです。

インターステラー [Blu-ray]

新品価格
¥952から
(2019/1/20 10:25時点)

スポンサーリンク

基本的に難しい話

マンガでわかる相対性理論 (サイエンス・アイ新書)

新品価格
¥1,028から
(2019/1/20 10:26時点)

私は頭が良くないので、より一層難解に感じただけかもしれませんが…。

「理論」が云々の話が多いです。

 

映画なので… あれですが、

実際そんなに全てのことが数式で解決していくんでしょうかね?

もしくは「数式」などで解決することではあるけれど、

まだ人類はその場所へと踏み込めていないだけなのか?

うーーーん。

 

私には本当に難しいことはわかりませんが、

あくまでもですよ?あくまでも「地球上」からの話なんですよね?

現在言われていることのほとんどすべてが。

そもそも「宇宙」に行ったとされる人が人類全体の数でいくと

本当に少人数です。

口裏を合わせている… なんてことは?

 

全く全然「未知」のものであれば、それを知るすべもなく、

宇宙から送られてきたメッセージのごとく

それを解読できる人がもしいたとしても、

それが多くの人に理解されるでしょうか?

否定されるんじゃないですか?

地動説のガリレオガリレイみたいに。

 

当時としてはあれはかなり斬新だったのでは?

誰も信じなかったでしょうしね。

「誰もが信じている常識」を「信じない」ということは、

一種「魔女狩り」のような状態になってしまうということです。

要は、「信じていなかった」としても、

「信じている振り」をした方が良いのが今の世界。

多数決ですね。

 

その辺は人間も生き物です。

意見が多い方が優勢なんですよね。

 

映画では、最初からすでに地球に限界が近いっていう設定があります。

もう既に戦争はない(表面上?)世界となっている… というか、

戦争している場合じゃない!っていう感じになってるみたいですね。

軍などは解体されているという設定です。

 

主人公は元軍人?エンジニア?のようですが、

軍も解体されているので、現在は農夫をやってますって感じでした。

鍵を握っている人物

主人公が選ばれし者!っていう映画ではなく、

おそらく何らかの神がかり的な存在に選ばれているのは

主人公の「娘」という(ネタバレですね…はい。)

ちょっと前にみたプレデターズとかもそんな感じでした。

 

主人公の子どもが「次の新人類」というか

「進化した人類」みたいな感じの設定でした。

最近こういう設定… 好まれるんでしょうか?

次の時代に… 期待をしているんでしょうかね。

 

でもなぁ… その世代にどれだけの能力があったとしても、

それを生かすもどうするも「育てている親の世代」の能力次第なのでは…

むしろ今の子どもたちの世代に進化した能力が備わっている場合、

それこそ「人として」大切なことをしっかりと教えておかないことには… 

恐ろしい事態になるのでは?

 

私も結構… 刹那主義ですし・排他的というか… 

集団行動には向かないタイプですし… 

そして能力もないので若干終わってる感じもしますが(笑)

自分の好む世界以外を見ようともしないで、

その時その時の快感というか、「楽しさ」にのみ反応するっていう… 。

 

これからの世の中がどうなっていくのかはわからないですが、

最近の映画の中では結構「次の世代に期待!」感を感じるものもあるので…

現在の人類ではもう行ける所まで行ったんでしょうかね?

 

更なる進化が求められているのか??

でも進化って… そんなに急速に起こらないし、

突然変異だと進化するどころか

DNAのレベルで劣化してしまう可能性の方が高いとかも聞きますが…

(難しい半歳は半信半疑です)。

だからこその「デザイナーベイビー」?

完璧な人間を作りたいんでしょうか?

でも完璧ってなんですか?

人が思う「完璧」は人が作り上げた虚像です。

 

もしかしてもしかすると… 環境問題などなど、

色々と問題ばかりの世の中。

人類がこの地球上に増えすぎている… 

と生物の本能で感じ取っているのであれば、

刹那主義な人が増えることは生物としてある種、

「正しい」ことになる可能性もありますよね。

 

いつ終わるかわからない。

いつ終わらせなければならないかわからない… っていう。

支配者にでもなったつもりか?傲慢だ!とも思えますが…。

ここから先のもっと「良い」時代って何ですか?

どうなることが「良い」と言えますか?

全ての人が満足できる世界とは?

難しいことに本当に意味はあるのか?

元も子もない話ですが、

まだまだ「太陽系」のこともすべて把握しているわけではない人類に、

「この世界」の何がわかるっていうんでしょうか?

まだまだ地球の内部のこともわからないことが多い。

海の一番深いところもわからない。

 

そもそも自分たちの生命の神秘の部分も中途半端に介入するばかりで

根本的には多分わかってないですよね。

人は全知全能でもなんでもなく、

他の生き物よりも多少行動力などがあるだけで、

他の生き物よりも欲望にまみれていて、

おそらく他の生き物よりも地球と調和の取れない生き物です。

 

現実の世界でも、「火星移住計画」なんて話も聞きます。

ただ… それやってなんぼのものでしょうか?

地球のこともわからないまま、

使い物にならなくなりそうになったら捨てるんですか?

侵略をしに来るかもしれない… っていう宇宙人などに対して、

人は恐怖心を抱きますよね?

 

滅ぼされてしまうかもしれない… もしくは奴隷などにされたり… 

もしかして食糧に… なんて可能性もありますもんね。

でもですよ?

どこかの星に移住できたとして、

そこに先住している牛のような生き物がいたとして… 

「どうやって食べられるか」って人は考えませんか?

同じですよ?

難しいことを簡単に考えていくと…

相対性理論だとか量子力学だとか… 

高校出るのもほどほどだった私の脳みそでは理解できません(笑)

でも聞いていると「次元」の話なんですよね?

 

私の解釈では、5次元以上(以上なんてあるの?)になると、

そこには時間の概念もなく過去も未来も行き来できる… 

というか… うーーーん。

ただそこにあるって感じなのかな?

 

「時間」が関係ないってことは、

「経過」ということがないってことですよね。

ということは… 過去・現在・未来に起こるべき事象が

全てそこにあるって感じでしょうか?

いや… もっとか… それこそ天文学的な数字のパターンの

一コマ一コマが膨大な量のデータ的な物としてあるってこと??

 

想像できないけれど… 時間の概念がないってことは、

時系列でもないってことだし、

進んでいく動画でもないんだろうし… 

静止画の一コマに当たるデータの羅列?そもそもデータ?

でも記録する必要なんてある?

 

まぁ… 人類が考えることは人の域を出ることはないので、そうか。

そんな神的な存在がいて、人の死を「有機体からの解放」と考えると、

一種の電子の羅列となってどこかの空間へ行く… 

というちょっと宗教的に考えると

「神様がいて天国」みたいな話に簡単にいうと繋がってきますよね。

 

もしかして本当にそんな出来事があるのであれば、

現在でも語り継がれているような偉大な宗教家たちは、

自分の究極の精神性の果てにその片鱗を垣間見たのでしょうか?

まぁ… それも「選ばれた人」とかになるんでしょうかね?

 

私のような無能力者はパソコンの画面のようなもので

ポチっとゴミ箱行きのデータかな?(笑)

刹那主義ってある意味、5次元ですよ(笑)

過去も未来も現在も関係なく、「今」だけなんですから。

似て非なるものかな??

 

ただなぁ… 子供がいると、どうしても自分の過去を悔いることもあれば

、未来を思うこともあります。

私もただの親です(笑)

 

今回も脱線しまくりましたが…

映画を見ると… 難しい理論がわからなくても、

「そういう数式的解釈あるんだ~」と思わせてくれます。


気になる方は是非。見てください。

 

では また。

 

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク