ちょっとサラッと思った話/三人目を考える

スポンサーリンク

世は少子化。

今現在うちには子供が二人。

 

1人目出産時私は23歳。

2人目出産時私は29歳。

そして今年二月に誕生日が来れば33歳になる現在。

 

旦那の年齢的にも悩むこの頃。

初めてのたまごクラブ2019冬号―妊娠がわかったら最初に読む本 (ベネッセムック たまひよブックス たまごクラブ特別編集)

新品価格
¥970から
(2019/1/17 15:49時点)

スポンサーリンク

旦那との年齢差の問題

旦那と私の年の差は20歳あります。

なのでもうすぐ旦那は53歳になります。

 

幸いなことに… といいますか、50代にしては健康です。

特に目立った持病もなく、服薬などもよっぷど体調が悪い時のみなので、まぁ… 普通に健康な若者と変わりません。

高血圧でもなければ、糖尿でもありません。

 

2人目の子は旦那が49歳の時の子どもなので、

それから特に体調に大きな変化もなさそうなので

物理的には不可能ではないと思われます。

ただ… 問題は実際に年齢の問題になります。

 

私が35歳の時にもしも第三子を出産ってことになった場合、

旦那は55歳です。

ということは… その子が成人(18歳)になるころには、

73歳ってことになります。

 

これをまだまだ若いとみるかどうか… って話です。

どうでしょうか??

皆さんならどう思います??

 

晩婚化が進んでいるといわれる世の中。

側は健康上に問題さえなければ、

何歳であっても子どもをもうけることは可能かとは思います。

 

だとすると… これからそういったパターンも増えていくんでしょうかね??どうなんでしょう。

経済的な面

旦那は介護福祉士です。

 

ちょっと前に介護福祉士に手当が云々の話をかいたような気がしますが、

あの時には「一つの事業所で勤続10年」が条件だったように思います。

 

最近になってもう一回見てみると、

今年(2019年)10月の施行を前にして、

現在議論されているそうですが、

内容に若干変化があるかも?しれないみたいです。

 

「一つの事業所で」って部分に難色を示す意見が多いようで、

「介護福祉士として働いている勤続年数が10年」だとか、

そんな風にちょっとマイルドに変化する可能性が出てきました。

 

旦那は現在勤めているところだと勤続6年くらいになりますが、

その前に5年程違う施設で介護福祉士として勤務していました。

なのでそれだと10年… 経過しています!

 

別にあてにしているわけではありませんが… 

もしも該当することになるのであれば… 

よくネットで言われている「8万円」だとか… 

結局税金もかかるんだし、そんなにあるとは思っていませんが、

3万円~5万円くらいもしも… 月収に変化があるのであれば… 

ちょっとハードルを低くできる気がします。

 

結局のところ下の子が今年から幼稚園に入りますが、

その時に私が時短のパートに出たとしても、

3~5万円稼ぐのがやっとだと思います。

 

もしも… 該当する!ってなったら… 

とりあえずもしも、35歳の時に第三子を出産に至ったと仮定します。

そうなると、上の子が12歳(小学校6年)になる年であり、

下の子が6歳(年長)になることになります。

 

第3子も健康であれば、もしも経済的な事情などでどうしても

私がパートなどに出るってことになった場合であっても、

私の母親もまだまだ60代前半。

多少の頼み事であれば聞いてもらえるでしょうし、

何よりも現在いる二人の子供たちが

もうかなりしっかりしている可能性が高いです。

 

そこそこ年が離れることになるので、健康面にさえ問題がなければ、

育てることに関しては、案外ハードルは低い気もします。

 

3人目の余裕って部分もありますし、

現在3歳の下の子が女の子であり、性格的に非常に面倒見がよいので、

結構お姉さんしれくれそうな気も… します。

 

そう考えると…

状況次第で前向きに考えられるかもしれません。

車の問題

経済的な問題と被ってくる話かもしれませんが、子ども二人の4人家族の場合って、軽自動車でいけるんですよね。

 

でも、子どもが3人になった場合、家族でどこかへ行こうと思ったりしたら… どうしても「普通車」が必要になります。

都会で電車などがかなり頻繁にきている場合であれば、

必要な時だけレンタカーって選択肢もあるかもしれません。

 

でも、田舎は… ちょっと家族でコンビニってなっただけでも、車です。

歩いて行ける距離に色々ある場所もありますが…

まぁ… まず必要でしょう。

 

なので、特に車必須の田舎が含まれている地域の政治家の皆さん!!

第3子が生まれる場合には、車の有無や状況を確認して、

買い替えなりなんなりの補助が申請次第である程度出るようにしてください。

非常に助かります。

 

車種指定でも全然OKですし、上限金額50万とかでも全然助かると思います。

下手なバラマキよりも、必要な人に的を絞った方がよい… と思います。

…思っている… だけです。あくまでも私の意見です(笑)

状況を好転させるには

少子高齢化などの根本的な問題を好転させるためには、

とにかく次世代の育成に今はかけていく必要があるのではないでしょうか?

何も私自身が子持ちだから… ってだけではなく、

日本全体のことを考えた上で… です。

未来の時間は、どうしても世代が変わっていくんだから。

 

もう私たちは「未来を描く」立場ではなく、

「次の世代を育てていく」立場なんですよね。

社会全体で。

 

でも… うーん。

何か とか、誰が… とか。

何が原因か…?なんてわからない話だけれども、

現状このままで… このままなんだと思います。

 

多分私のように「何かを変えていかないと…」と思っている人は

たくさんいると思いますが、現状を変える力は私にもありませんし、

何よりも「大きな変革」を「自分の努力」によって

起こそうと行動できるような行動力もありませんし、

そんなリスクも背負えません。

 

なので… なんとなく…

なんとなくこのままなんでしょうかね。

 

私も決定打がないと、3人目って… ちょっと踏み切れないですし… 

なんとなくこのまま。

気付いたら何年かもう経過してる… なんて… 

そんなちょっと恐ろしいことになっているんでしょうかね?

単純で簡単な話に思えるけれど、中々難しい話です。


今回はこの辺で

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク