都市伝説とかって見ていて面白い/〇〇の陰謀説… とかね。

スポンサーリンク

何か自分に対して嫌なことが起こったとき、

〇〇の陰謀だ!」と思えたら…

何かのせいに出来たら、気持ち的に楽かもしれませんよね。

 

ちょっと楽しいかもしれませんし。

 

私も何か起こったときに… 

そう考えることができれば… 

もっともらしい理由をつけて信じることができれば…

それはそれで楽しいかもしれません。

 

でもなぁ… 現実は中々難しいんだなぁ…

皆さんは信じます?信じません?

信じるか信じないかは、あなた次第です!というやつです。

スポンサーリンク

別にあっても不思議ではない

都市伝説的な話って、

中には別にあったとしても

特に不思議ではないと思うことも沢山あります。

 

私は「目に見えるものが全てではない」と考えている、

非常に理屈っぽい人間なので、なおさらです。

 

で、です。

 

まず「宇宙人」的な話ですが…

スタートレックみたいな感じで、

実際に存在しているのであれば、

人類がある程度自分たちの科学力に追いつくのを待っている

ような感じもします。

 

もしくは「その領域」的な部分に達さないと

出会えないのかもしれません。単純に。

 

宇宙人がいたとして、

そして友好的な関係を作りたいと思ってくれているのであればの話です。

スター・トレック I-X 劇場版ブルーレイ50周年記念BOX スチールブック仕様 [Blu-ray]

新品価格
¥16,092から
(2019/1/9 10:05時点)

ただ… 人間も同じですが、進んだ生命体的な文明は、

自分たちよりも下に当たる文明を支配したり

従えたりしたいと考えることも多いのではないでしょうか?

 

もしも仮に火星に先住民がいたとして、

これから人類は火星に行くことを考えてるんですよね?

もしもいたとして、その先住民が、

火星の環境には適応していたとしても、

文明としては人類よりも劣っていた場合、

人類はどういった行動にでるでしょうかね?

 

表向きは友好的に見えるように、

どうしても見下して支配することを選択するんじゃないでしょうか?

最終的にはのっとってしまうんじゃないでしょうかね?

 

同じことです。

 

宇宙人がいたとして、

人知を超えた考え方を持っていた場合、

もうむしろ欲望とかそんなものを超越して、

全ての人が考え方を共有し、

 

そこには嘘も何もなく人を疑うなんてこともなく

「真の正義」にあふれた世界なのであれば、

友好的に接してくれるかもしれません。

 

そんな宇宙人が地球にきているのであれば、

ただ単に「仲間」を求めているだけなのかも?しれませんよね。

寂しいだけとか。

 

人間の中の多くの学者のように、探求心かもしれません。

動物学者かな?

ちょっと皮肉かもしれませんが、

進んだ文明かもしれない宇宙人から見れば。

私たちは家畜やペットなどのように見えているかもしれません。

 

なのであれば…

動物園説?的な物もよーつべの動画で見ました。

それもありかもしれませんよね。

 

それか… 人間でもモルモットなどを使って

実験をすることがよくありますよね。

そんな感じで、地球っていう大きな檻の中で、

人間からすると壮大とも思えるかもしれない、

彼らからするとただのちょっとした実験をしているだけなのかも?

しれませんよね。

 

考えると面白いですが、考えても仕方のない話ですよね(笑)

 

でも宇宙人の話になると、

「人間の中の陰謀」的な話が

非常に小さい小競り合いに思えてしまうのは、なんででしょうか?

本当は何もない世界

もしかして本当はすべてがホログラムなんじゃないか?

みたいな説。

私はこれが一番信じられる気がします。

 

何もかもが「人類」に対して

歴史」を作るために出来過ぎているような気もしなくもない。

 

ドラマチックとでもいいますか… 

この世界の全てが、どこか何か非常に壮大にも思える

何かのちっぽけな妄想かもしれませんよね。

マトリックスみたいな。

マトリックス トリロジー 日本語吹替音声追加収録版 (4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター ブルーレイ)(初回限定生産/9枚組/豪華ボックス&ブックレット付) [Blu-ray]

新品価格
¥17,134から
(2019/1/9 10:06時点)

そうなると、もしかしたら人によっては

生き地獄である」とも思えるこの世の中が、

実はすでに「地上の楽園」なのかもしれません。

 

もしかしたら私たちの本体は、

こんなに形をしっかりと持っていないのかもしれません。

 

脚はあるかもわかりませんし、

食事をとる必要があるのかないのか… もわかりません。

 

ただの「何か」が

「足で歩くってどんな感じだろう?」

「食べるってどんなだろう?」と考えた時、

それを「やってみることのできる世界」を想像しているだけで、

それが出来る体を持っている地点で、

もうこの世界は「楽園」なのかも… とか。

 

意味不明なことも考えてみたり。

 

でも前向きに考えると、

そうなればすべての人の生き方に

生きる意味がある意味ではあるって話にもなりますよね。

 

ただ生きているだけで、何か意味がある。

何かか誰かの何かを満足させる「何か」がそこにある。

…のかも?わけわかりませんね。

とかなんとか言って

本当のところ、私は何も信じてはいません。

地球がこんな形で、こんななんだよって話も信じていません。

 

世界中で今こんなことが起こっているよ!

って話も、半分信じていません。

 

それは良い意味ではなくて、悪い意味でです。

 

もしかしたら今報道されているよりも、

もっと恐ろしいとも思えるようなことが、

世界のどこかで起こっているかもしれません。

 

でも、それはわからない話だし、

知った所でどうしようもない話です。

 

結局のところ、どれだけ色々考えたとしても、

目の前にある現実からの逃避にしかならないんですよね。

眼前に迫っている現実。

 

来るであろう現実は… 老後ですか(笑)

老後に… お金の問題に… 健康面。

現実に考えないといけないのは、やっぱ超現実。

 

空想で「ここは本当の世界ではない!」と思えたら… 

ある意味楽かもしれません。


宇宙人… いてもいいし、

むしろ人間の出現が宇宙の中で特別な感じな筈もないので、

いるでしょう。

いない方がおかしい。

 

どんな出来事も、人間が全知全能の存在ではない以上、

起こりえることだし、当然だし仕方のないこと。

そもそも「全知全能」なんてものも、

「人」が考える「全知」なんて、どの程度なんでしょうね。

 

そもそも考えるってなんでしょう。

「頑張って考えている」地点でもう、それはそれでないのかも。

だって天才は凡人には絶対に近いもできないことを

思いついてやってみせますもんね。

何もかも、そんなもんでしょう。

 

私はただの凡人の中でも端っこの方に居る感じなので、

考えても考えても、多分仕方ないしどうしようもないことなので、

面白いな~程度のこととして、妄想している次第です(笑)

 

これから世界がどうなっていこうとも、

どう進んでいこうとも、いたずらに何かを妄想して考えて、

自分自身を「特別視」しても仕方がない。

 

私の世界には「私」が中心にいるように錯覚しますが、

「この世界」からすれば、ミジンコ以下です。

もっともっと、小さい。

居てもいなくても本当に何も変わることがない。

 

その程度の存在だと、思いたくないような気もしますが、

そんなもんなんですよね。実際。


今回はこの辺で

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク