南青山の問題/児童相談所ってどんなところ?

スポンサーリンク

最近南青山で、児童相談所を建設するとかしないとか…

そんな話題がニュースであがっていますよね。

 

児童相談所って、

子どもを保護するところってイメージなんですが、

実際にどんなことをしてくれる施設なのか、

詳しくはちょっとわかりません。

 

南青山って、都会ですよね。

私らには何の縁もない土地ですが、住人の方で反対の意見も多いような… 

感じのニュースが報道されていますよね。

 

子どもによって社会にとって、

良いこと」である筈のことを反対しているとあって、

結構批判もあるみたいですが…

実際のところどうなんでしょうかね?

都心に住む by SUUMO (バイ スーモ) 2019年2月号

新品価格
¥300から
(2018/12/18 14:56時点)

スポンサーリンク

土地の値段の高いところ

私が現在住んでいるところは田舎です。

多分坪単価が、一番高い所でも15万円程度だと思います。

 

そこそこの規模の施設をも建設するとしても、

土地代自体は「億」なんてことにはならないんじゃないか?

と思います。

 

しかしながら問題になっている場所は「南青山」。

地価がむちゃくちゃ高いんじゃないでしょうかね?

 

調べてみると…

平均相場で… なんと何と!!

坪単価「650万円」近いそうな。

 

たかっ!!

 

うーーん…

これは… 考え方によっては反対派の意見も理解できる部分もあるかも… 

しれないですよね。

超高い土地じゃないですか?

 

ここに住むために非常に努力した人もいるってことですよね?

土地のブランド云々の話はわかりませんが、

それにしても、一種目標として

「この土地」に住むことに向かって頑張った方も

中にはいるんじゃないでしょうか?

 

「児童相談所」を作るって話よりもまず問題なのが、

「行政が広大な土地で福祉事業を展開する」ことが問題なんでしょうね。

多分。

 

良心がどうとか、そういう問題なのではなくて、

「自分たちが今までその土地にいることを

ステータスとして頑張ってきたことが否定される感じ」

になるのかもしれません。

 

そう考えてみるとわかる気もします。

単純に

「差別化している」

「非常だ」

と考えてしまってはいけない話だと思います。

でもね。そもそも都会だけど地域の話

田舎であれば、同じような問題が発生したとしても、

ここまで問題として取り上げられたりすることも少ないんじゃ…?

とも思ったりします。

 

だってですよ?

そもそも都会と田舎の差はありますが、

「そこの自治体の話」的な話でしょ?

 

全国に拡散されて賛否両論… なんて。

それもなんだかなぁ… な話ですよね。

 

いってしまえば、地方の田舎暮らしの私にとっては、

都会ってそんなことでもめるんだ。大変だね」って感じです。

関係ないな~… みたいな。

 

そもそもの問題点って、多分そこのお役所的なというか… 

そういったことを管轄している機関と、

住人との連携が取れていないことなんですよね。

 

住人に否定的な意見が多いのであれば、

建設はしない方がいいんじゃないか?と思います。

だって、親の考え方って子どもに伝わるでしょ?

 

親の世代が否定的な場合、

子どもたちの中でもその気持ちは自然と根付いてしまうことになります。

それによっていじめなどが起こる可能性もあります。

 

その土地にふさわしいかどうか… みたいな話になると、

私も非難されそうな気がしますが、

そこんとこも、大人の世界では重要になってくる人も

中にはいるんじゃないかと。

 

そうなると貧乏人は… とか差別化~… 

とかの話になりそうな気もしますが…

うーーーん…

 

じゃあですよ?

むちゃくちゃなたとえ話ですが、「青山にいってみたいな~」と思ったら、

「親の虐待をでっちあげてでもそこにいこうとする子ども」

って出てこないですか?

 

だって住所にブランド力あるんですよね?

そんなことはない…とは思いますが… 

 

後は… どうしてもです。どうしても… 

問題を抱えている家族が周辺に集まる可能性が出てくるってことですよね?

 

高級な土地柄なのなら、安全面などを考えても、反対しても… 

おかしくはないと思う。

なので自治体的な問題として、

「将来的にそういったものの建設も可能性としてはある」

としっかりと前々から住人に伝える必要があったのでは??

 

転居の際に伝えるとか。

一筆かいてもらっとくとか…。

何か方法あったのでは???

(それとも事前に通告されていたのか??)

 

そりゃもめてもしゃーないって^^;

この世の中ですよ?

田舎でも多分もめる人はもめますよ。

児童相談所ってどんなところ??

はてさて。

兎にも角にも児童相談所とはいかなる所なのか?

ルポ 児童相談所: 一時保護所から考える子ども支援 (ちくま新書1233)

新品価格
¥842から
(2018/12/18 14:56時点)

調べてみると…

 

日本での児童相談所とは、

児童福祉法第12条に基づき、

各都道府県に設けられた児童福祉の専門機関のことを差す。

とのこと。

 

全ての都道府県および政令指定都市では、

最低1カ所以上の児童相談所が設置されているとのことで、

都道府県によって規模や、

地理的状況に応じてより

複数の児童相談所や支所を設置している場合もあるとのこと。

 

国民はすべからく、虐待を受けたと思われる児童を発見した際には、

速やかに市町村・福祉事務所・児童相談所の

いずれかに通告しなければならないようです。

 

基本的な業務内容については、

児童すなわち0歳から17歳の者(児童福祉法4条)を対象に

児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じること。
児童及びその家庭につき、必要な調査及びに医学的・心理学的・教育学的・社会学的及び精神保育上の判定を行う。
児童及びその保護者につき、前号の調査または判定に基づいて必要な指導を行うこと。
児童の一時保育を行う。

というのが業務内容のようですね。

 

相談の内容の種類などの細かいことに関しては、

検索すれば他にもっと詳しいことが書いてある所が

たくさんあると思いますので、ここでは割愛します。

 

というより、結局私もネットなどで調べて書いているだけなので、

同じことですもんね。

 

ここで気になる部分。

「児童の一時的な保護を行う」場所ってことです。

 

あくまでも「一時的」であり、

そこにずっと住むわけではないんですよね。

 

だとすれば、その周辺の小学校なりに通うことになるのも、

短期間の場合が多くなるってことですよね?

 

そうであれば…

ここでも二通りの考え方になります。

 

今や日本全国どこでも大体一日あれば何とか行くことができますよね。

各歩道府県でもっと連携をとって、

空きのある所で様子を見るってのはダメなんですか?

 

一時的なら親元に返すことを考えているってことかな?

だとすれば… 

その「親元」の部分が「南青山」ってことになるんですかね?

 

そこに建設する理由とすれば。

そうなれば、話は全然違ってきます。

 

そこに住んでいる子どもなんでしょ?地域の話じゃないですか。

確かに虐待は暴力的な話であったとしても、

ネグレクトのような放棄だったとしても… 

田舎に限った話ではないですよね。

 

もしかしたら、都会のことはわかりませんが、

田舎って結構… 

「あの子ってどこどこのだれだれの子だ」ってのが知れ渡ってるんですよ。

 

まだまだ地域全体で子どもを見ている感覚があるんです。

都会は人口も多いですし、人の出入りも激しいでしょう。

 

そういった部分が希薄になった結果、

「南青山」という高級というか… 

ブランド力のある土地柄(なんですか?)のところでも、

見えない闇の部分的に、

そういった件数が増えているのかもしれませんよね?

 

それなら… 作るべきです。

詳しい状況が何も見えてこないので、

その状況に応じての反応しかできないですが…

親元から一時的に保護するだけであれば、

地元ってことになりますよね。

 

多分。

 

会いに行けばいいと思いますけどね。

もしも実際にそういうことをしていたとして、改心したのであれば。

逆にむしろ距離を結構とってみてもいいのでは?

 

時間的にも物理的にも一定の距離を持つことによって、

変わってくる部分もあるのでは?

 

地元で預かってくれているだけだと… 

育児放棄していた親であれば、

時々会えるしラッキーって感じになっちゃいません??

 

どうなんでしょう??

個人個人で考え方も随分と違う話だと思うんで、何ともいえませんが…

難しい話です。

 

でもまぁ… どういう話だったとしても… 

大人の勝手な話で、振り回されているのは子どもですよね。

多分。

 

さて。

今回はこの辺で

 

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク