ママ活・パパ活ってなーんだ?/自分の子どもと遊ぶことかと思ってました。

スポンサーリンク

ママ活やパパ活という言葉を最近聞きまして…

なんだそれ?イクメンみたいな感じで、

自分の子どもとしっかりと向き合っている親なのか??

…と思っていたら…

全然違いました。

援助交際のような感じの話だったんですね…^^;

最近はスマホやパソコンなどを使用してのコミュニケーションツールなどで、

より気軽に人の出会いはできるようになっている… のかな?

田舎のおばちゃん(超アナログ人間)には理解できない話ですが…

そんな世界もあるんだなぁ~…

なんかすごいなぁ~… と思いながら、ニュースなどを見ています。

スポンサーリンク

自分の親とのコミュニケーション不足?

イラスト版 こころのコミュニケーション―子どもとマスターする49の話の聞き方・伝え方

新品価格
¥1,728から
(2018/11/14 10:07時点)

自分の両親などがいたとしても、

お小遣い欲しさなどでそういった出会いを求める子がいるんでしょうかね??

その分親が小遣いをやれば… って話でもないと思います。

そんな… 楽にお金を稼ぐ方法みたいなことを覚えてしまうと、

ちゃんと働いて対価を得ることが面倒になってしまいませんかね??

食事をして買い物に付き合ったりするだけで、お金が貰える??

その行為に危険が潜んでいない、

ローリスク・ハイリターンな話なのであれば、皆やってますって。

皆… ではないかもしれませんが…

お金がいらないって人もいるかもしれませんもんね。

でもです。

恋愛なら、金銭のやり取りはしないと思いますし…

デートしていくら。おしゃべりしていくら…

なんて。なんだかなぁ~…

それをやってる子にも、

若さを安売りしてはいけないよ!」と言ってやりたくなります。

年を取って思うこと

自分がある程度年を取ってきてから思うことは、

若いうちに何か一つ目標を決めて取り組んでおけばよかった」ってことです。

実際私と同じ年代の人で、

スポーツ選手であったり、俳優さんであったり、

職業は様々であったとしても、ある程度若い…

子供の頃から何か的を絞って努力し続けることができている人は、

一つ何かが自分の人生の中で形になって戻ってくることになる時期なんじゃないか?

と思います。

それを考えると私は… 何もないですね~…

こんな所で毎日思ったことをつぶやいているだけの、田舎のおばちゃんです。

なにやってんだろうなぁ~… と思いつつ、

特に現状を打破することもできない毎日です。

というか… もう自分の「未来」に何かを描き、

自分に投資を行うことよりも、「子ども」の「未来」を考えていかないといけません。

そう考えると… 私が何か初めて、続いていることは

子どもを育てる」ってことなのかもしれません。

自己中心的な考え方の要素の強い私にとっては、

結構… 忍耐と我慢の連続だなぁ… と毎日考えさせられています。

そして朝起きて… から気が付くと夜です(笑)

何やってんでしょうね。

子どもと結構話をしますか?

いつか… 子どもの方から「うぜぇ」と言いにくる時がくるんでしょうね。

わかります。自分もそうでした(笑)

今はこっちがまだ「ちょっと鬱陶しいなぁ…」と思うくらいに

上の子も下の子もまとわりついてくる年齢です。

いい加減にしてくれ~」と思うこの気持ちも、

いつか懐かしくなるんでしょうかね??

自分が大人になって思うことの一つに、

反抗期はいつか来たとしても、「小さいころ」の親との思い出って、

喧嘩した思い出でも結構大事な気がします。

自分が親になったからこそ、思うのかもしれません。

思春期で反抗期などを迎えている時には、

全てが嫌に思える時ってあるんですよね^^;

思い出すらもなんだか嫌というか…

恥ずかしいというか… 黒歴史の意味を履き違えるというか…

今となってはそう思っていた思春期が「黒歴史」です。

みんなそうやって、大人になり、として年を重ねていくんでしょうね。

話はそれまくっていますが…

パパ活・ママ活にしても、自分の親ほどの人と、

お金の関係もあるかもしれませんが、結局は「コミュニケーション」をとるんですよね。

深層心理的な、深い部分では親に甘えたい… とか、

話を聞いてもらいたいって思いもあるんじゃないでしょうかね??

そういう行動に出る子供たちの心理状態はわかりませんが…

私も結構あれていた時期もありましたが、そんなことはしようと思ったこともないです。

大人をなめている… 少し侮っている部分もあるのかな??

大人の行動力って… 怖いですよ。

大人同士であっても、こわいんですよ。人間関係のトラブル。

特に金銭が絡んでいる場合、

ただの食事で終わるわけがない」と念頭に置かないと。

騙しているつもりが、上手く遊ばれて、

いいように使われてしまう可能性もありますよ。

大人の世界の中でも、普通に生きていれば触れることのない「世界」に、

気軽な気持ちで足を踏み入れてしまうかも… しれません。

最初は気軽であっても、子どもの世界のように

はい 終わり!バイバイ」では済まないんです。

親が教えていかないといけない

時には厳しく注意の意味で叱ることも、私は必要な要素だと思います。

最近「褒めて伸ばす」から「叱らない」って話も聞くことがありますが…

駄目なことはダメだと思いますよ。

まぁ… 叱らなくても理解してる子どもならいいのかもしれませんが…

そんな全てに悟りを開いたような状態で生まれてくる子っていますかね?_

間違ってはいけないのは、感情のままに同じ目線でただ怒る…

というか、親自身の気分で子供が何もしていないのに

怒鳴りつけるとうな行為はしてはいけないってことでしょう。

なっかなか難しいですけどね。

でもしっかり向き合っていくことは、

将来的にしっかりとした「常識」や「道徳心」へと結びついていくと思っています。

そうなれば、自然と「パパ活」やら「ママ活」やら…

なんだかややこしい問題を招いたり、

足を踏み入れたりするようなことにもならないんじゃないでしょうかね?

親が毅然とした、「親」であれば。

それだけで「子ども」を現在の情報にまみれた世界から

守っていくことに繋がることになれば… 理想的ですよね。

「子ども」であっても「別の人間」なんで、

心の中までは見ることはできないですもんね。

まずは「何でも話せる関係性」が何より大切なんですよね。

いつまでも。大人になっても。

また取り留めないのない文章で申し訳ないです。

あくまでも私の考えを書いていますので、

「それは違うよ!こうだよ!」など情報提供をしてくれる方も歓迎します^^

今回はこの辺で

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク