保育園・幼稚園無償化らしいけど… どうなる?今後

スポンサーリンク

来年の2019年10月。

消費税のUPと時を同じくして、

幼稚園や保育園などの利用料的な部分も無償になるって話、ありますよね。

あえて「利用料的な部分」とここでは書いてみました。

完全に「無償」ではないと思われるので。

恐らく給食である場合には、

別に給食費がかかってくることになるでしょうし、他に教材費は?

寒い地域などであれば暖房費などもかかるかもしれませんし、

最近の夏は非常に暑いのでエアコン代なども

少し負担する場合もあるかもしれませんよね。

隠れ保育料を考える

新品価格
¥1,080から
(2018/11/6 16:25時点)

スポンサーリンク

私個人としては

私個人的な話としては、

ふーん… そうなんだ… ってくらいの話です。

来年から近所の幼稚園に下の子が入園しますが、

そもそも幼稚園の所定の料金的なものが月に5000円程度です。

田舎なので安いのかもしれませんが。

現在私が居住している地域では、

保育園の保育料は親の所得などによって決まることになりますが、

市立の幼稚園は一定の料金です。

幼稚園では朝8:30~

お昼過ぎの14:30分までが一応保育時間となっていて、

水曜日以外の平日は一応16:00までであれば預かりもあります。

それは津城の利用料金に+して月に2000円程度です。

安いですよね。結構。

上の子の時は保育園だったので、

うちも幼稚園は初めての経験なんですが、

もっと高いと思っていたのが正直な意見です。

上の子の保育園の時

上の子が保育園に行っていた時、

私は半分シングルマザーであった時期があるので、

参考にはならないかもしれませんが…

最初収入が少なかった時には保育料は5000円程度だった気がします。

給食費も込みです。

お米代が別途月に500円程度、

半年か年払いで払っていた気がします。

結婚してからは旦那の収入なども含めて世帯収入になったので、

13000円前後だったと記憶しています。

まぁ… これでもそんなに高くないと思います。

気候的にはそれほど厳しい気候にあたる地域ではないので、

冷暖房費を別途請求されることはなかったですね。

託児所の延長線上で開園している保育園に入園していたので、

制服や体操服などを購入する必要もなかったため、

有難いことに入園の際にもそんなにお金はかかりませんでした。

トレーニングパンツだけは、

洗い替えがたくさん必要であったため、

結構な枚数をそろえた記憶があります。

後はお昼寝の布団くらいでしたかね。

特別に購入した記憶があるのはそのくらいです。

下の子が来年幼稚園です

下の子は来年から近所の(自転車で5分程度)の市立の幼稚園に入ります。

一応制服や必要なものは購入する必要があるようです。

大体2~3万円あれば足りるのではないか?と考えています。

他にはお道具箱などは親が作ってあげる必要があるので、

その辺はこれから準備していきます。(所定のサイズがあるようです。)

保育の料金については上記でもかきましたが、

それ以外に給食費がかかります。

幼稚園の説明書を見ると、

一食当たりの値段で書かれているため、

もしかしたら希望性なのかもしれません。

月・水・金が給食で、火・木がお弁当だそうです。

アレルギーなどである場合には、

ずっとお弁当という子もいるんじゃないかな?と思います。

うちは基本的にアレルギーはないので、

週三回の給食を食べさせてもらうことになると思います。

ひと月を28日の四週間と仮定して、

3×4で12回の給食を食べると考えると、一回が220円らしいので…

「2640円」になりますね。一か月で。

ということは…

保育料が延長なしで5500円+給食費が2640円。

合計で8140円程度が毎月の絶対に必要な費用って感じになりますね。

他にも集金などがあるかな?と仮定して考えて、

大体月に1万円くらいが自己負担って感じでしょうか?

うん… そのくらいで色々経験させてもらえるなら…

高くないかな…。

個人的な意見としては…

私個人の意見としては、子供がまだまだ小さいうちは、

食べる量なども少ないし、食費もそれほどかかりませんよね。

以前に書いたことがありますが、

子供には結構「被服費」はかかると思います。

これは何もブランドにこだわるなどをしなかったとしても、

単純にサイズアウトしていくので、無視できない部分です。

食費としてかかるなぁ~… 食べるなぁ~…

と思うのは、多分上の子(もうすぐ9歳男子)くらいになってからでしょうね。

それまでは大きな病気やケガなどをすることがなければ、

それほどまとまってお金がかかることはない… ような気がします。

まぁ… 田舎なので小学校にしても中学校にしても、

ほぼ公立に行くことが当然であり、

私立に受験してまで行く… なんて話は、

私の交友関係が少ないということもあるかもしれませんが、

ほとんど聞いたこともありません。

高校も地元までってことが多い地方の田舎町なので、

子供に対して大きくお金がかかることになるのは、

おそらく「大学や専門学校などへ進学する時」

になることが多いのではないか?と思われます。

結局のところ、もしかしたら子どもが小さいうちって、

保育園などに預けることができたとしても、

すぐに熱を出したりして呼び出しがあるかもしれません。

幼稚園の場合は預かりの時間が短い場合も多いでしょうし、

夏休みなどの長期の休みが非常に長いですよね。

「無償化にしてあげる!だから預けてしっかり働いてね」

って感じの政策をしてくれたとしても、

見当違いなんじゃないか?と思ってしまいます。

子どもが小さいうちは、お金よりも手がかかります。

勿論そうではない場合などもあるかもしれませんが、

うちの場合はそうです。

本当にお金がかかることになるのは、成長してからです。

沢山食べるようにもなりますし、

学費やそれ以外の習い事、

現在でしたらパソコンや携帯電話(スマホ)なども

所持することになるでしょうし、

きっと何かとお金がかかってくることと思います。

何らかの補助を子どものために国がしてくれるのであれば、

私は「選択制」にしてほしいと思います。

例えばの話ですが… 子供が生まれると、

一人当たり予算を300万円… とか、

国が出してくれる費用を決めておいてもらって…

保育園などを利用して、

仕事をする場合(続ける場合)には、その枠の費用の中から保育料を使う。

利用せずに在宅で子どもの面倒をみて、

子供がより成長するまで枠を残しておくも良し。

みたいな。

いつ使うかを選択できれば、

奨学金などの問題も少しは改善するんじゃないか?と思いますし

私のように専業で子どもと一緒に過ごしている場合にも、

それに意味があることになります。

現状、やはり「なんで働かないの?」「無償化されるのに??」

って働くお母さんからすれば感じられてしまうかもしれません。

私個人としては、

「私のわがままなのかな~」と思っている部分もあるので、

気にしても仕方ないとも思いますが、

何か理由があればやりがいも出てきますよね。

子どもの将来のために「枠」を残すから、

今はお母さんは家にいてるのよ~って。

誰かそんな感じの政策してください!(笑)

私はこんな所でウダウダ言っているだけの、

ただのおばちゃんです。

でも、現金で一括で渡しても親が使い切っちゃう可能性もあるし、

一年ごとか三年刻みの申告制で、

ある程度の枠内の金額を計画をたてて使うことができれば、

親にも余裕の気持ちができるし、

子供にしっかりと教育をすることもできる気が… する。だけです。

はい。あくまでも私の意見でございます。

今回はこの辺で。

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク