どうして苦手になったんだろう?/大人になって駄目になったこと

スポンサーリンク

子どもの頃苦手な食べ物などでも、

大人になると食べることができるようになることってありますよね。

一般的に経験値が増えていくことによって、

できるようになる」ことが多いように思いますが、

駄目になったことって皆さんはありませんか?

スポンサーリンク

私が大人になって駄目になったこと①

私は結構…

大人になってから駄目になったことが多いです。

まず一つが、「虫関係」です。

ムカデの駆除などであれば、

確かに大人になってから必要に応じてできるようにはなりました。

しかしながら、「ミミズ」や「芋虫系のもの」はダメになりました。

昔は結構… 川に簡易的な竿のような物で釣りに行き、

そこら辺のミミズなどを掘ってつけて釣ったりなど、平気でした。

でも今はダメです。

昔の思い出の中のものを想像するだけで無理です。

子どもがカブトムシなどを毎年飼育したりしますが、

結局子供のすることです。

世話は私か旦那になります。

餌をやるのはギリギリやれますが、

掃除はかなり苦手なので、旦那にやってもらっています。

幸いなことに旦那は平気といいますか、

中身は少年な部分があるので、むしろ喜んでやってくれています。

マルカン 上手に飼育できる はじめてのカンタン幼虫・成虫飼育セット KS-7

新品価格
¥2,745から
(2018/11/3 21:30時点)

私が大人になって駄目になったこと②

次にダメになったこと。

といいますか、苦手になったこと。

食べ物の話になりますが、なぜかお米が苦手になりました。

子どもの頃は大好きで、

白いご飯があれば他には何もいらないほどに好きでしたが…

今は苦手です。

食べられないことはないですが…

「太る!」というイメージから

元々20代に入ったころからあまりお米は食べなくなりまして、

なんとなく習慣ではなくなってしまいました。

別に毎日普通にお米を炊いて料理をしますが。

おかずは食べますが、お米は食べないですね…。

妊娠中につわりで見るのも嫌な状態になったことが

トラウマなんでしょうかね??

わかりませんが、

別に不便でもないので改善しようとも思っていません。

私が大人になって駄目になったこと③

これも食べ物の話ですが、「果物」が苦手になりました。

なぜでしょうね?

ケーキなどのクリームも好きではなくなりました。

根底には「太るのやだ!」ってのがあるのかもしれませんが、

別にチョコレートなどのお菓子は食べます。

食感の問題かもしれません。

なんでしょうか…

微妙に柔らかい感じの食感の物が苦手になりました。

これもつわりが激しかったことの影響もあるのでしょうかね??

別に絶対に食べられない!ってこともないですが、

出来ればいらないなって感じです。

私が大人になって駄目になったこと④

これが一番でかいかもしれません。

牛乳」です。

子どもの頃から別に好きでもなかったですが、

普通に飲んでいましたが、今ではそのまま飲むことはまずしません。

コーヒーはそのままブラックで飲むことが多いですし、紅茶も同じです。

においが苦手なんです。牛乳の。

だから生クリームも苦手になったのか…?

乳製品ではチーズは食べます。

でもプリンやヨーグルトも好きではないです。

昔は好きだった気がするんですけどね…

なんででしょう。

ちなみに…

バニラアイスは苦手ですが、豆乳アイスなら食べます。

子どもの頃から苦手が改善しないもの

子どもの頃に苦手であっても、

大人になると食べられるようになった!ってこともよくありますよね。

私の場合は大人になって炭酸飲料は飲むようになりました。

時々ですが。

サラダに入っているような生玉ねぎや

ハンバーガーの中のピクルスなら食べられるようになりました。(子供か…)

が しかし。

いまだにラッキョウ漬けは無理です。

そして一番苦手なものは「ネギ」です。

料理はできるようになりました。

でも自分は食べないですね…

こればっかりは超が付くほど苦手です。

大人になればお酒のアテに珍味などと一緒に食べられるようになる

と思ってました(笑)

ちなみに珍味的なものも苦手なものが多いです。

卵の黄身も苦手なまんまですし、ホルモンは全体的に苦手です。

これはもしかしたら「食わず嫌い」なのかもしれませんが…

食べたことがないので。

考えてみると

においや食感が苦手になってしまって、

駄目になる食べ物が多いですね。

虫は… 多分よくあることだと思います。

子どもがセミを大量に捕まえてきて困る!みたいな。

触ることも嫌だし… ってね。

でも「蜘蛛」は平気です。

かわってますか?

で、そんな私の子どもたちは…

有難いことに、私はこんなにも偏食の妖怪ですが、

「旦那」が好き嫌いのない人なんですよ。

なので、下の子は三歳なので、

これから色々出てくるのかもしれませんが、

基本的になんでも食べますし、

上の子は八歳の現在、好き嫌いはないっぽいです。

なんでも喜んで食べます。

不思議なことに、上の子はネギも普通に食べます。

そしてもっと不思議なことに、

私が非常に苦手としている「ピクルス」が好物です。

下の子は牛乳と卵が好物です。

ヨーグルト飲料も好きですね。

基本的に私は苦手なものは食べないですが、

料理は普通にします。

特に魚料理は積極的にします。

魚は… 食べるよりも料理が好きかもしれません。

かわってますか?

なんて意味のない話を今回はしてみました。

魚料理は包丁で出来栄えも全然違いますが、

味も違うような気がします。

貝印 KAI 関孫六 本鋼 出刃包丁 150mm 銀寿 AK5202

新品価格
¥3,162から
(2018/11/3 21:31時点)

そんなに高価なものは、

特別こだわりがなければ必要ないかもしれませんが、

ほどほどの物の方が、

料理の際にむしろ怪我のリスクも減る気がします。

私の主観ですけどね。

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク