家計管理するには何を削るか。/食費から削るのは浅はかである

スポンサーリンク

節約しよう!」といきり立ってみると、

どうしても最初に気になってくる部分が

食費の部分ではないでしょうか?

でもですね… 多分「食」って大事です。

「住」も大事ですが、

多分「衣」よりは「食」の方が大事だと思います。

だって人間っていうか、

生物って身体があってこそでしょう?

身体が健康でなければ、

何も出来ないし何も始まりません。

「食」の部分を必要以上に削ってしまうと、

健康を害してしまう原因にもなってしまいます。

でもそれもすべてのパターンにおいてではない。

「食」の部分でも削るべき部分もあります。

今回は特に食費の節約について、

必要な節約とやってはいけない

節約について考えていきたいと思います

正しい家計管理

新品価格
¥1,400から
(2018/10/15 23:30時点)

スポンサーリンク

最初に見直すのはまず「食費」ではないということ

家計をスマートにしようと思った時、

まず最初に削ることを考えるべきなのは

衣・食・住」にかかわることというよりは、

もう現在では必需品とも化している

携帯電話」などの

通信費になってくるのではないかと思われます。

すでにこの部分を削っている場合には、

保険などを見直していくことになるでしょう。

生命保険「最強」の見直し術: 元保険外交員が教える絶対に知っておくべき7つの基礎知識とは? (保険のいろは編集部)

で、その部分も

必要最低限にとどめることに成功した場合、

最終的に「衣・食・住」の部分に手を付けていくことになる…

んじゃないか?と思います。

賃貸などの場合には家賃を見直すために

引っ越しを検討する場合もあるかもしれませんし、

購入している場合には

ローンの見直しなどを行う必要があるかもしれません。

その部分に関しては、

現在私にはあまり関係のない話になってきますので、

今は特に考えていません。

「衣」の部分に関しては、

自分自身が着飾ることには

親の私たちは最低限しか興味がありませんので

主に子供たちがメインです。

子どもの衣類などはどんどん成長するので出来るだけ

「フリマ・フリマアプリ」を活用しております。

衣替え… なんて言っておいておいても、

どうせ来年には着られません。

特に今年は上の子が爆発的に大きくなってきたので、

靴まで総入れ替えの真っ最中です。

でもこの部分も必要以上にブランドや

キャラクターにこだわっている分けでなければ、

元々それほどかかるものでもありません。

上の子はマイクラやマリオが大好きなので、

出来るだけ状態の良さそうなUSED品を探しておりますが)

KaiYoiu メンズ Mario マリオ パーカー ファッション 長袖 フーディ じ スウェット 男女兼用 個性

新品価格
¥3,866から
(2018/10/15 23:31時点)

そして最終的に着手することになるのが、

」に関して。

…なんでしょうかね?

あくまでも私が考えている優先順位です。

「食」で削っていい部分

一生モノの晩ごはん献立529通り (創業100年のベストレシピシリーズ)

新品価格
¥894から
(2018/10/15 23:31時点)

子どもたちと旦那様に

しっかりと食べていただくことに努めるのは当然です。

まず最初に考えていく部分は…

ずばり「私自身」の無駄です。

私の無駄… 無駄… は… 

コンビニで買ってしまうコーヒー… でしょうか?

他ってなぁ… そんなに別に食べるわけではないんで、

ここは「コーヒー減らす」くらいでしょうかね。

例えば毎日一杯買ってるなら、

三日に一杯にする… とか。

これで2000円くらいの

節約として考えることができるのでは?!

後はなんでしょうか。

実家とかにお邪魔するときの

手土産にするビールなどを、

箱買いしておいて小出しで持っていく!とか。

コンビニ寄っちゃうとついつい

無駄なもの買っちゃいますよね。

と考えると、コンビニをたてば良い!

…ってほど山のように毎日買ってるわけでもないですが…

コンビニ行かなきゃコーヒーも買わないわけで。

コンビニを週に1回とかにすればよいのかな。

外食はほぼしないので、

気にするほども使っていないと思われる。

都会だと気軽にデリバリーって感じに疲れていたとしても、

田舎過ぎてデリバリーなんて存在がなく、

買いに行くのも面倒なのでちゃちゃっと作ってしまうこともあり…

別にコンビニ弁当ばっかりってわけでもないし…

うちの場合、一番高くついているのは…

「週に三回届く牛乳」と「ヤクルトさん」です。

田舎のなんとかってやつで、

「牛乳屋さん」は近所なのでお付き合いです。お付き合い。

それらが月に1万ちょっとくらいになってますね。はい。

牛乳… 高い。

けどいい牛乳だと信じて買ってます。

子供もよく飲みますしね。

朝届いてると喜んで飲むんで(朝採れたてだと信じているらしい)

とりあえず月の食費は牛乳などまで入れると

4万円くらいなんじゃないかな?と思います。

4人家族なので

「高い!!」と思う人もおられるかもしれませんが…

私が削りたくない部分

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

下の子はまだ3歳なので、

そんなに食べません。

私も普段はそれほど食べないので、

大人換算でちょっとよく食べる2人夫婦程度の量で、

現在は事足りていると思われます。

それだと一人2万!

米は実家から貰えることが多いので、

高いんじゃないか?!って思うかも… ですが

旦那様は夜勤のときは

夕食・日勤のときは昼食を弁当で持っていきます。

弁当も込みです。

で、一番気になる部分が私は

食品添加物」だったりします。

でもだからと言って神経質なほどに

過敏に気にしているというほどでもありません。

別に市販のお菓子やジュースも飲んだり食べたりしますし、

マックなどのジャンクフードも食べますよ。時々。

普段使う調味料や食材に、

多少こだわりがあるんです。

それはこだわるあまりに…

「この面倒くさがり屋」の私が

梅干しと味噌を作ってしまったほどです

(案外… やってみると簡単でした。ほっとくだけだしね)

味醂などは「みりん風調味料」は避けますし、

しょうゆなども原材料を見て、

なるべく「塩・大豆・麴」みたいなことしか

書いていないものを選びます。

砂糖はむ漂白のキビ砂糖が主ですし、

塩は地元産の塩(昔ながらの製法)のものを使っています。

時々… は全然OK派ですが、

せっかくなので家でほぼ毎日食べるであろう食事くらい、

身体に良さそうなもので

こだわってみたいとなんとなく思っています。

子どもが二人とも特に深刻なアレルギーなどもないので、

それは助かってます。

田舎はデリバリーはない…

けれど食材も無農薬の野菜が手に入ったりしやすいです。

季節の野菜を選べばそんなに高くはないし、

たっぷり食べられます。

一食に換算すると、

大体一人200円~250円くらい…

ならこんなもんじゃなかろうか?と…

甘いですか?!牛乳とヤクルトと旦那様の晩酌込みです。

食費節約に効果ありっ!!1週間使いっきり!献立: 365日 毎日使える (GAKKEN HIT MOOK 学研のお料理レシピ)

新品価格
¥907から
(2018/10/15 23:32時点)

これから増えていくことが予測できる

最後になりますが、

食費に関しては

これからモリモリ増えていくことが予測できます

子どもたちが大きくなっていくからです。

いまでもちょっと増えてきた方でして…

上の子が結構食べるようになってきました。

例えるなら、

食パン一袋あれば旦那様と子供らで

(6枚切りで)二日分だったのが、一日分です。

単純に朝食は倍か、

それ以上になりつつあります。

子供の食欲… おそろしす

しかしこれは予測していたこと。

更によく食べるようになるであろう

中学生になるころには…

上の子の学資保険の払い込みが終わり、

据え置きになるんです。

なので2万円くらい。余裕ができます。

それを増えるであろう食費に充てようと考えています。

更に下の子も中学生になるころに払い込みが終わります。

田舎であるこの辺りは、

高校生になれば結構普通にみんなアルバイトしているので、

上の子も多分することになるんだと思います。

弁当を毎日「作って」というのであれば…

食費と称して徴収しよう… 5000円くらい。

まぁ… まだまだあれをこうすれば…

って改善の余地がある部分も多く、

手抜きな部分も多いので、

もっとできることはあるんじゃないか?とも思います。

忙しい人専用 「つくりおき食堂」の超簡単レシピ (扶桑社ムック)

新品価格
¥1,296から
(2018/10/15 23:33時点)

↑みたいな… とかね。

商品添加物と同じくらい…

いや…

元の性格がルーズなだけにそれ以上に…

私は「食中毒」を恐れているので

(今まで家から発生したことはないですが)

作り置きがちょっと怖い… 部分があるんですが…

子どもたちが高校生などになり、

弁当のウエイトが非常に増えてきた場合、

冷凍などももっとフル活動して

「作り置き」をもっとしていっても良いかもしれませんね。

現状旦那様の弁当用に、

おかずを取り分けておく…

程度しかしていないので…

ここは改善の余地がありそうです。

「食費」としては

それほどうちは減らすことは難しそうだ…

ってことはわかりました。

これからの課題としては、

量は増やして質は変えないために手間をかけていく

ことなのかもしれませんね。

今回はこの辺で

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク