子どもが出演しているYouTube番組に対しての疑問/色々とどうなっているんだろう?

スポンサーリンク

最近の子供が

将来なりたい職業ランキングにもあがってきているという

ユーチューバー

こんな本も出ています。

400万人に愛される YouTuberのつくり方

ザックリと考えると、

自作の動画などを見てもらうことによって、

収入を得ることも出来る… ことなんだとは思いますが、

うちの子どもも見ていますが、

最近では「子ども」のユーチューバーもいますよね。

芸能人ではないけれど、芸能人みたいな。

あれってどうなんでしょうか?

色々と疑問に感じる部分もあるので、

ちょっと考えてみたいと思いました。

スポンサーリンク

子どもとの思いで作りの延長線上?

自分の子どもの小さいころや、

イベントのときなどにビデオというか、

動画を撮っておくことはよくありますよね。

うちでも撮ってますし、

身内で共有して見合ったりすることもあります。

YouTubeなどでの「子ども」が中心でうつっている

というか、意図して子供をメインの題材としている

子供に流行りのおもちゃで遊ばせるなどしている)動画はたくさんあります。

比較的幼い子供が、

子供たちだけで動画を編集して、投稿している

とは思えませんので大人といいますか両親が撮影を行い、

編集などをしてアップしているものと思われます

そこで思うのが、

結構オープンといいますが表現などが自由な部分も多い時代です。

前提として子供の許諾がいりますが、

自分の子どもの可愛いところを

もっとたくさんの人に見てもらいたい!

みたいな感覚でアップしているんでしょうか?

それとも、収入のため?

前者の場合、自慢… ではなかったとしても、

「子どもの可愛い時をたくさんの人に知ってもらいたい」

っていう親のちょっと親ばかといいますか、

自分の子どもが可愛くて好きな故のことなのかな?

と思う部分もあります。

でもうちの子が見ているのを時々一緒に見ていると、

微妙な年齢の子どもさんが水着のような恰好で…

まぁ水遊びをしている動画なわけですが、

それってちょっとどうなの?って私は思ってしまいます。

そもそも「どうなの?」って

思うこと自体がおかしいのかもしれませんが、

「どうなの?」って考えてしまうことってありませんか?

現在は、規約上子供が自らの意思で出演していないものは

NGとも聞きましたが、

楽しそうな面だけを見せ、それを子供にススメると、

それを幼い子が自身の身を案じ断ることができますでしょうか?

子どもを世間にさらけ出してしまうということ

ネットが普及している世の中です。

芸能人が街中を歩いているとします。

誰かに見られていれば、

すぐにTwitterなどで

「〇〇がどこどこナウ」みたいに言われちゃう時代です。

子どもの声だけであれば、特定は難しいでしょう。

なので例えば(著作権については今回は考えないものとします。)

「本を読んでいる声」「歌を歌っている声」の動画などであれば、

私はいいと思うんです。

もちろん、すでに楽器などが

大人のそれを上回るほどうまくて、

すでにライブ活動などもされている場合は

また違ってくるでしょうが。

世間一般に公開していたとしても。

ただ顔が出てしまっているとなると、

いろいろな問題が出てきませんか?

人気者になってしまうと、

人気者とお近づきになりたい」人が

たくさん寄ってくる可能性もあります。

あわよくば自分の子どもも人気ユーチューバーに…

って親が寄ってくる… なんてこと、ないんですかね?

そもそも嬉しいんでしょうか?

もしかしたら旅行先などで、

全く知らない人に急に話しかけられて

写真をとってなどと言われる可能性もありますよね?

恐怖心」はないんでしょうか?

この現在の世の中ですよ?

動画を見ている人の中に、

近所の人がいないとも限りません。

近所の人であれば住所なども特定されて

バレてしまうことになります。

芸能人などであれば、

所属している事務所などがあります。

そういったところがある程度守ってくれている…

(ための事務所なんだと)と思います。

でも個人でやっているであろう

ユーチューバーは違いますよね?

(もちろん専門の事務所に入られている方もいるでしょうが、

そこそこ有名になってからでないと入れないとも聞きます。)

それとも両親が全力で守ることが出来ているんでしょうか?

「何もない」ことが当たり前ではありません。

「何かがあってから」では遅いとどうしても思ってしまいます。

子どもを守る護身術

子どもは無条件で結構可愛い

子どもって何やってても

結構無条件で可愛い部分あります。

自分の子どもだと

「なにやってんだ!」と思うようなことであっても、

客観的によその子を見ていると

可愛らしくみえないこともない…

部分もあるかな?と思います。

そうなんです。

子どもって可愛いんです。

今後YouTubeがどうなっていくのかわかりませんが、

ある程度なんらかの方法で

「収入をえる」ことが出来ている間は、

「子どもを顔出しで出演」させてしまうということは、

「私生活」を売っていることになっているんじゃないか?

と思ってしまいます。

世の中

「子どもの成長を単純に可愛いと思う」

人ばかりではありません。

悲しきかな変な人もいます。

そんな人にまで私生活をさらしている可能性があるのですよ?

自分の子どもの年齢・家族構成などなど

すべてわかってしまうということになります。

住所まで、調べるとわかるかもしれません。

本当にただ単純に

「近所の子供の成長が可愛い」といった感覚で

見ている人がほとんどであるとは思いますが、

「すべて」ではありません。

露出する以上、

「リスク」もついて回る可能性が高くなるということを、

しっかりと理解しておく必要があるのです。

ユーチューバーを趣味ではなく仕事とすること

改訂 YouTube 成功の実践法則60

そもそも自分の趣味や珍しい景色などを投稿したり、

趣味としての割合といいますが、

コミュニケーションをとるためのものなのかな?

と最初の目的は。

最初から素人でも注目度を集めることによって、

収入を得ることを目的としてつくられた物なのでしょうか

今の時代ならではの

「仕事」としても通用することかもしれませんが、

なんだか最初の目的からずれている…

そんな気がする…。ような気がする。

どうなんでしょう?

何もかもうまくいっている人は

本人たちがそれで納得していて、

それでよいと思っているのであれば、

別にいいとは思いますし、

私が何かをいうことでもありません。

実際私は自分の何かを

YouTubeなどに投稿できるような技術もありませんし、

努力もしていません。

収入を得られるものであったとして、

それが出来るだけの努力をしていないのだから、

単純にお金を稼ぐことが出来ている

ご家庭への僻みと取られてしまうかもしれません。

私は疑問を感じるのみで

否定もしなければ肯定もしませんが…

ただすべてにおいて真似できないなぁ… と思います。

それも「現在」の家族の形なのかな?と。

ただ… 出演している子供たちが大人になった時、

それを喜ばしいと感じるのか?はわからないです。

私が時代から遅れているだけかも… ですよね

うん。

今回はこの辺で

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク