東京オリンピック/国を挙げてのスポーツの祭典!/だけどなんか違う…

スポンサーリンク

オリンピック。2020年ですね。

結構迫ってきています。

最近オリンピックに関して、

ボランティア」のことがよく話題になっていますよね。

他のオリンピックでもボランティアの方が

たくさん活躍されていたのですね…。

というか、あれって短期のアルバイトじゃなかったんですね。

私はずっと短期のアルバイトとして

募集などをしているもんだと思っていました

でも国を挙げての大イベントなのですから、

「ボランティア」だったとしても納得はできます。

さて、その大会ボランティアですが、

どうも「ブラック」だということで話題になっているようですね。

どの部分がブラックといわれているんでしょうか??

自分には関係ないであろうこととはいえ、

気になったので少し調べてみることにしました。

スポンサーリンク

ブラックといわれる部分

まずどの部分が

「ブラック」と呼ばれてしまう部分にあたるのでしょう?

箇条書きにしてみると、

こういった部分がそういわれる部分だそうです

・大きな収益が見込めるイベントなのに無償ボランティア
・夏季オリンピックなので酷暑の可能性
・ボランティアなので労働基準法の管轄外になってしまう
・1日8時間程度、連続して5日以上で合計10日以上参加可能な人
・事前研修も参加必須
・交通費・宿泊費は自己負担(交通費に関しては会場への移動などの一部負担は表明していますが、上限が1000円程度とのこと)

大体言われているのはこのあたりでしょうか。

会場の設備投資などに多額の費用が掛かることはわかります。

ですがすでに何百億円などの規模での

スポンサーなどがついていることも考えられるので、

そこで「どうして無償?」という疑問は生まれます。

次に「とにかく暑いだろう」って話です。

体調面・体調管理など、

どういった風にしていけばよいのでしょうか?

一応参加に際しての保険の加入はするとのことですが、

熱中症などで重症化してしまった場合や、

のちに後遺症などが残った場合など、どうなってしまうのでしょう?

とにかく想像以上に暑いですもんね。最近の夏は。

ボランティアなので

「労働基準法」の管轄外であるという部分も、

結構な問題でしょう。

もしも人数が集まらなかった場合、

集まった人だけで全ての

「ボランティア」を行うことになるのでしょうか??

1日8時間程度、

連続して5日以上で合計10日以上参加可能な人って、

まず就職などをしている場合には無理でしょ…

って話になってきます。

定年後… だと体力的にかなりきついかもしれません。

事前研修って、全国各地で行われたりするんでしょうかね?

何度も何度も東京に行くとなると、

地方では難しい話になりませんか?

そしてここが一番大きいかもしれませんが、

「交通費・宿泊費は自己負担」なんですよね。

だってボランティアだから… って話らしいですが…

宿泊場所は確保してもらえないことには、

きつくないですか

だってその時に東京には、観光といいますか、

「オリンピックを見るために世界各地から人が集まっている」状態ですよね?

何万人も来るんですよね?

東京近郊といいますか、

そこまで電車などで行ける範囲内の

宿泊場所は埋まってしまうのでは??

土地勘といいますか、

「どのあたりが穴場」などが分かっている場合には

話は別かもしれませんが、

地方から赴く場合にはそんなわけにはいきません。

まず、場所もよくわかりません。

交通機関も混雑することでしょう。

宿泊場所くらいは、

会場の近くなどで優先的に割引価格で確保してくれるとか…

そういった対応はないのでしょうかね??

大人のためのシェアハウス案内

「東京」で開催される「東京」のオリンピック

考えてみると、

まず地方から出ていくことが難しいってことがわかります。

宿泊場所の値段も上がっているでしょうし、

そんな長期間の確保なんて難しいです。

お給料とまでは言わなくても、

何らかの対応がないと難しいのでは??

とどうしても思ってしまいます。

現在的な考え方と言いますか、

民泊?やコミュニケーションが取れる

アプリやサイトなどを活用して、

東京近郊に住んでいる人と知り合いになり、

その期間は泊めてもらう… とか。

そんなことかなりフランクな若者にしか出来ないでしょ!

と思っちゃいます。

何となくですか、私個人の感覚としては、

一応自分の住んでいる国で開催されることになる

世界的なイベント」であるにもかかわらず、

どこか別の国で行われるのと変わらない」っていう感覚です

国民全体が超welcomeモードなんでしょうかね??

そもそも田舎住みであり、

「東京」へいまだに数回しか行ったことがなく、

テレビでみる感じでは「異国」なイメージ。

なので「関東(首都圏)って別の国」って

印象がどうしてもぬぐえません。

自国開催、なのではなく「東京開催」ですよねって

ボランティアに関しても、

東京近郊の「学生」(主に大学生かな?年齢的に)

しか実質無理ゲーな感じじゃないですか?

歴史的なイベントではあるので、

参加できそうであれば期間的には(私も専業主婦なので)

時間も取れないことはないので、

参加… してみたいような気持もあったり…

しないこともないですが。

結局のところ「関東」といいますか、

首都圏に住んでいないことには厳しい感じなのであれば、

全国的に大々的に募集する意味ってあるのかな?とか思ったり。

したとしても、全国の大学の掲示板に掲示する…

とかで良くないですかね?

根本的に田舎から出てくる、

予算などみみっちいことを言う、

英語とかあんまりよくわからない…

そんな人はお呼びでないのかな?

経済的にもある程度余裕があり、

近くに住んでいて、

「参加したい!」って部分に高いモチベーションを

持っている若者しかいらないのかな…?

でも、それで何万人も集まります…??

時間やお金の余裕がありそうにも思えるシニア世代は募集していない??

学生の場合には、就職活動などをする際に、

「こんなことに参加しました!」っていうことが

メリットになる部分もあるようですね。

ボランティアと聞くと、

地域のボランティアなどについても、

「シニア」の方々が結構活躍されているイメージがあります。

ですが、組織委員会としては、

「熱中症」のリスクが怖いと考えているようですね。

65歳以上での熱中症での救急搬送率が非常に高いことから、

その辺を少し慎重に考えているようです。

でも… シニアでもお元気な方といいますか、

しっかりと対策をして、

普段から運動などで体力つくりなどに励んでいる方に比べると、

私は30代ですが、全然体力的にかなうとも思えません。

ようは体質と普段の生活などの差なのではないか??

とも思います。

若かったとしても、

エアコンの効いた部屋でずっと過ごしているような場合、

急に酷暑でのボランティアって… どうなんでしょうね??

もともと運動部などで、

野外での夏場の運動の経験もあるような、

大学生の方… とか?くらいしかやはりできないのでは…

それでいて金銭的にも余裕が…って

かなり人数限られてこないですか??

「したくない」とアンケートで答える人が多い

…らしいです。

このボランティアについてアンケートを取ると、

「是非参加したい!!」と答える人ももちろんいますが、

結構な割合で「参加したくない」と答える人もいるんだとか。

まぁ私がみたアンケートの結果が偏っている可能性もあるので、

本当のところは定かではありませんが。

そもそもまだ二年後の話なのです。

今大学生だったとしても、

その時には就職をしている可能性も高い。

参加にあたって二年後にどうなっているかわからない…

といった学生の意見も出ているようです。

確かに。

現在高校生で、大学生になっている予定…

って場合もあるでしょうしね。

予定は未定ですから、そのときの経済状況も不明です。

何とか現地点では定員まで集まったとしても、

実際に二年後、全員が予定通りに参加できるでしょうか??

それもわかりません。

しかしなぜでしょう。

今回のオリンピック… なに一つとっても

「否定的」な意見が上がってくることが多いのはなぜでしょう?

私がそんな意見ばっかり目にしているだけかもしれませんが…

どうも半世紀ほど前の東京オリンピックに比べると、

歓迎ムードが国民全体的に薄くない…?と思ってしまいます。

私だけでしょうかね??どうなんでしょうか??

あと10年ほど後なら…

今回の東京オリンピック。

今現在うちの上の子が8歳(今年9歳)なのですが、

もしも後10年後なら、一緒にボランティアに参加したいなぁ…

と思ったかもしれません。

後10年後なら… 息子との思い出に… と思ったかも。

というか、特に

「めっちゃできる!!」というわけではないのですが、

上の子がスイミングを一応習っているので、興味・関心はあるんです。

なのでせめて後10年程度…

この東京の次当たりであれば、

もっと興味もある年齢に達しているでしょう…

この次… なら6年後か…

その時は「パリ」での開催になるようですね。

あ~… パリなんてどれだけ興味あっても連れていけないわ…

その時が東京なら見に行こうか!とはなったかもしれませんが…

あ でもですよ?

もしかしたらスイミングのスキルがどんどん上がって

次のオリンピックには… って… ないな。ない。

多分… ない。かな?

息子よ… 頑張ってパリへ連れて行ってください(笑)

嘘です

好きなスポーツなのであれば、

それだけで十分です。

おかあちゃん(私)は泳げないし、

クロールに背泳ぎ・平泳ぎにバタフライまで一応できる

君は素晴らしい。

…少し脱線しましたが。

これからの動きといいますか、

どうなっていくのか?見ていきたい事柄ではあります

また時々この話に触れていくかもしれません。

今回はこの辺で

では また。

地球の歩き方MOOK パリ ランキング&マル得テクニック! 2018~19 (地球の歩き方ムック)

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク