災害対策~今後に備える~その①

スポンサーリンク

以前から台風などのことに対して、

これからの備えをしていきたいと書いていたことがありますが、

引き続き考えていきたいと思います。

例年から見る台風の季節のピークはとりあえず

今年は過ぎ去ってくれたようで、

一旦その点は一安心といったところですが、

地震」に関しては真冬かもしれませんし、

いつ起こるかわかりませんよね。

台風も怖いですが台風に関しては、

迫ってきている様子や

先に到達している場所の中継などから、

大体起こりそうな被害を予測して行動することも、

ある程度であれば可能な部分があります。

勿論山が近かったり、

海が近い場合においては、

想定の範囲外の出来事が起こる可能性もありますので、

必要以上に注意をしておくことは大切ではありますが、

それでも、目に見えて近づいてきますので、

対策を考える時間があります。

しかしながら「地震」につきましては、

対策の立てようもないほどに突然に起こる災害になります。

北海道の地震が来たのは夜中です。

通常寝ている時間帯です。

そんな時に急に大きななにかが起こって、

それでも落ち着いて対処できる人はなかなかいないでしょう。

色々なパターンを想定し、

常にイメージトレーニングをしておくことが

必要になるかもしれませんが、

毎日の生活の中において

常に災害に対しての対策ばかりを考えている

ということも難しいものです。

スポンサーリンク

どこまでやるか?どこまで必要か?

まず必要なものを考えていくと、

当てもなくなんでも必要であると感じられてきます。

あれもいるだろう。これもいるだろう。

あれもあると便利かな?といった感じです。

でもそれでは準備をするにあたって

きりがなくなってしまいます。

費用面からみても、

非常に多額になってきてしまうことが考えられ、

それがもしも

「通常の生活」を圧迫してしまえば元も子もありません

まず私の場合、

形から入ろうとしている… と考えたのちに

あるもので代用しようと思ったのが、「入れ物」です。

備蓄などをしたり、

保管をしておくために

何か「大きなトランク」的な物は必要なのではないか?

…と思ったのです。

そもそもそんな物必要ないじゃないか!

と思う方もいるかもしれませんが、

うちは古いため、最近ではめっきり減りましたが、

ネズミ」の心配があります。

嫁いできた頃は

トイレ前の廊下で

ネズミを踏んでしまったこともあったほど、

いたのです。

台所も義母が亡くなったのちに

お金を出来るだけかけずに改装しましたが

(主に蓄積したいらない物を掃除する作業が多かった)

台所の普段見えないところで

ネズミが何かを食べていた…

なんてことはよくありました。

ゴミ屋敷かよ!!

と思う方もおられるかもしれませんが、

まぁ… 義母が認知症を患っていたり、

旦那が結婚前は義母の介護と仕事をしていたため、

家の中を片付ける余裕までなかったという理由があります。

…と話はそれましたが、

そんな諸々の理由にて(隣が空き家なのも原因かも

食べ物を段ボールなどを備蓄すると、

ネズミに餌をやってしまうだけになる

可能性があると考えたのです。

そんなわけで。

メルカリやいろいろなショッピングサイトなりで

そういった「入れ物」を見ていく中で、

気になった部分が「高い!」ってことです。

ある程度大きな入れ物… 高いです。

どうしようか…

と悩んでいるときにあるものが目に入りました。

いらなくなった洋服ケースです!

天馬 押し入れ用引出し収納 幅39×奥行74×高さ30 フィッツケース ディープ カプチーノ

少し前に実家からタンスを1つもらったため、

不要になったからのケースがいくつかあったのです。

大き目です。これは使えそう!

特に大きな破損故に捨てようと思っていたわけでもなく、

ゴミに出そうにも困っていたものです。

これを使えば捨てる必要もなくなり、

大きな入れ物」を買う必要もないわけです。

そもそも備蓄は置いておくものであって、

最初の段階で持ち出しをする必要がないんだ…

ということを少し失念していました。

特にうちはもし自身が起きたとしても、

海からは何キロも離れており、

大きな川からも距離があります。

田舎なのである程度海抜高度もあり、

現在の南海地震の際のM9規模での津波想定をみても、

津波は来ないか・きても床下程度との結果がきています。

母屋に隣接している二階建ての建物であれば、

鉄筋の倉庫を一応見た目家のように

改造しているだけの場所なので、

そこならある程度地震でも安心だと思われます。

むしろ地震をしのぐことが出来れば、

そこへ備蓄を取りに行けばいい。

うちにはうちにあった

方法を探していくのがベストなんですよね。

どうしても

」から入ろうとしてしまっている自分がいました

反省です。

そして次に考えていくこと

非常用持ち出し袋については、

子どもとも話し合いつつ入れるものを

以前にも書いているように百均で揃えてみるか、

ドラッグストアかで考えながら選んでいこうと思っています。

今リアルタイムで確認してきてみると、

上で書いている

プラスチックのケースが6個もあったので、

ここにいろいろと分けて備蓄していきたいと思います。

考えているのでは、

5年間持つものなど、

備蓄専門の水や食料もある程度は揃えますが、

インスタントラーメンなど

普段でも食べるけれど

比較的日持ちするような物についても、

分けて置いておいて時々入れ替えようと思っております。

防災用備蓄パン!新・食・缶ベーカリー【最大5年保存可能!缶入りソフトパン 【8缶パックα】(コーヒー×4缶、黒糖×4缶)】新食缶ベーカリー8缶入り、パンの缶詰、カンパン、防災用備蓄食糧、保存食

室戸海洋深層水使用 備蓄水 [2L×6本入×2(計12本)]

電気関係の物などについては、

すぐに使うものと

置いておくものとに分ける必要があるので、

注文しているものが届き次第考えていきたいところ。

SOMECOOL懐中電灯 LEDラジオライト手回し充電 携帯充電器 iPhone Android 全スマホ充電対応可能 単4電池&内蔵電池2000mAh対応防災セット 防災グッズ 地震・震災・津波・停電 緊急対策 (オレンジ)

とりあえずのような物が

一番最初に届きそうなので、現物を見てから考えたいです。

最近災害が多いので

最近全国的にも色々なことがあったので、

関心が高まってきているのか、

予約注文してもなかなか届かないものもありますよね

肝心な時に「ない!」となっても遅すぎるので、

出来るだけ早め早めに…

すでに準備なさってる方は賢明です。

有事の際には

少しでも落ち着いて対処できるよう、

普段からの心がけをこれからも続けたいと思います。

災害対策についても、

しばらくはいろいろと進んだこと、

まだ足りないことなども書いていきますので、

こんなものもあったらいいよ!」など

アドバイス等も大歓迎ですので、

ご意見も頂けたらと思います。

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク