ママ友… って必要なのか?/人間関係はどんなホラーよりも恐ろしい

スポンサーリンク

特に意味もなく「大奥」を見まして。

女ばっかりの人間関係怖し!!と思っていたんですが、

Yahoo!知恵袋を見ていると、

「ママ友」とのトラブル相談などを見かけましたので、

現在でも女の人間関係は難しいのだなぁと考えさせられてしまいます。

そもそも「友達」と「ママ友」って違うんでしょうか

田舎のせいもあってか、老若男女問わぬ地域の付き合い以外

ママ友と呼べるもののいない私には

わからない世界すぎて、違いもよくわからないので、

その部分から考えていきたいと思います。

ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望 (コミックエッセイ)

スポンサーリンク

「友達」と「ママ友」の違い

同じように「」とつく言葉ではありますが、

全く関係性は違うようです。

簡単に言うと…

友達自分自身が必要と感じて付き合い、

関係を作っている間柄の人

ママ友子どもが出来たのち、

子どもを通じてできた関係から

生じることになる付き合いの友達のような存在

という風に一般的には区分されているようです。

あくまでも「子ども」を中心とした

付き合いの元に成り立っている関係ということになるので、

深い部分で分かり合ったり、

趣味を共有したりするような友人関係ではないと

考えた方が良いかもしれません。

勿論会話などを重ねていく中で、

自分の中でも「友達」として必要である存在である

といった位置づけが確立されることになれば、

そこから自分との友達関係もスタートすることにはなるでしょう。

話をしていたら以外に気が合って…

ということもあるかもしれませんもんね。

それは非常に良いパターンともいえるでしょう。

子ども同士の付き合いを重ねていくことになれば、

どうしても自分との関わり合いの回数も増えていくことになります。

それが自分の楽しみでもあれば、

それに越したことはありません。

しかし人間関係とは難しいもので、

なかなか歩み寄っていくことが難しい場合もあります。

ママ友」は一般的にはつかず離れずといった風な

一定の距離感を保っている関係である方が、

何かと楽であるかもしれません。

「友達」と一緒にしてしまうことは避けたいもの

一方的に距離感を詰めてしまうことは、

その関係をうまく続けていくためにも避けた方が良いことです。

特に片方が「友達」であると勘違いしていて、

もう一方のママの方の家庭の事情などを

根掘り葉掘り聞いてしまう…

それに対して込み入った意見を言ってしまう…

などといったようなことは

あってはならないことになります

それをしてしまうと、

一気にその関係が終焉へと向かってしまうだけではなく、

本来の目的でもある子供同士の付き合いに至るまで、

なくなってしまうといった可能性も考えられます。

あくまでも「親」は「親」同士の

付き合いをしていくことが鉄則であり、

言わなくてもいいようなことについては、

あえて言う必要はありません。

知り合ってからの期間が長くなれば、

ある程度情報の共有をおこなったり、

意見を交換することも出てくるかもしれませんが、

初対面などのまだまだ浅い段階で

そんな話をすることは避けた方が無難でしょう。

あくまでも「ママ友」なのです

その関係を大切にしていくためにも、

近い存在などで例えるなら

「会社の人」のように考えておくと良いかもしれませんね。

男性の人間関係はわからないですが… 

私は自分が「女」であることから、

男性についての人間関係はよくわかりません。

ですが女性目線から見ても、

女性同士の人間関係ってなんて面倒なんだろう…

と正直思います。

何せ怖い部分が多すぎます

特に最近では「LINE」なる会話のツールもあります。

それによって、

比較的仲の良いはずのグループ内においても、

特定の人を抜かしての会話を裏で行うなどのことをする…

なんて話も聞いたことがあります。

正直そういったことが怖いといいますか、

鬱陶しいといいますか、

とにかく煩わしいと私は思ってしまうので、

ママ友」と呼べるような人はいないです。

でも最初に書いたように田舎に住んでいるからか、

それほどそれで困ったという経験をしたことは、

今はまだありません。

これから出てくるんでしょうかね?

学生時代から本当に人間関係は苦手中の苦手で、

距離感をつかむのが非常に下手なので、

話しかけるのも話しかけられるのも怖いなぁ…

と思ってしまいます。

「人からどうみられているか」

こんな簡単なことをこれほどまでに気にしているのは、

人生で今かもしれません。

昔は気にしないで生きていましたね。

子どもが出来て、いろいろな関わり合いが必要そう…?

になってきた現在。

もし私の地域でも「ママ友」や

それを基にした「派閥」が広がってしまえば

初めてここが正念場か… と思わずにはいられません。

元々交友関係といいますか、

人間関係を構築していくのが上手い人にとっては、

なんて造作もないことなのかもしれませんけどね。

毎日何かしら悩んでみたり考えてみたり…

の時間はさほどなく、

旦那様の希望もあり、

時間泥棒の子供たちとできるだけ触れ合いながら

半専業の主婦を貫いている私です。

では また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク