ブログを人に見に来てもらう方法/集客は難しい/結局のところ「何かに頼る」

スポンサーリンク

最近少し思ったんですが、「ブログって案外難しい」もんですね。

何が難しいって、「人に自分の文章を読んでもらうこと」「人に自分の所に見に来てもらうことが目的」なんですもんね。

まだまだいまいち「ネット世界」のことがわかっていない30代。

こういった「ブログ」形式のものであっても、ある程度のコミュニケーション能力が必要なのか?

何をやっていくにしても難しいものですね。

さて、自分のこれからにも生かすことが出来るように、今回は「ブログを見てもらう方法」などについて、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

集客のために必要な要素

なんでもそうですが、何かをするときには「努力」が必要です。
もっと誰かに読んでほしいなぁ… 」なども目的があればなおさらです。

自分だって「自分が興味のないジャンルの面白くない文章」なんて読みに行こうと思いません。

なので簡単な話として考えると、「誰もが読みたいと思える、引き込まれる面白い文章」を書く必要があるということになります。

なんだ!簡単な話じゃないか… とはいきません。それが簡単にできるなら、そもそももうこのブログも人であふれているわけで…

「集客のために必要になる要素」とは一体なんなのでしょう。いくつか「コツ」であるといわれているものをあげていきます。

人を集めるためのコツ

・ターゲットとサービス内容の明確化
・専門性と差別化
・目的の明確化
・デザイン

などをしっかりと心がけていくことによって、「ある程度の集客効果」を得ることができるようですね。

具体的に一つずつ考えていくことにします。

ターゲットとサービス内容の明確化とは

ターゲットとはこの場合、読みに来てくれるであろう読者をさしますが、具体的に「どんな悩みを抱えている誰に向けて」などの部分を明確にしていくということのようです。

この部分のポイントがどうしてもボヤっとしてしまうと、内容はそこそこ良いのみなぜが集客できないブログとなってしまうみたいです。

この「ターゲット」の部分を明確にすることによって、「どんなキーワード」に絞って記事をかいていくかを固定していくことができます。

それは同時に「に対してどんなサービス(ネタなど)を提供しているのか」といった部分を明確にしていくことにも繋がっていくことになり、この部分もしっかりと誰にでもわかりやすくしていくことによって、

「ここはなんなのだろう?」「何がいいたいんだろう?」といった風な「次に繋がらない」ブログを作ってしまうことを避けることができます。

「ターゲット」が求めているのは、「自己満足」の話などではなく、「自分の考えを納得させてくれる答え」や「自分が何かを得ることが出来る話」です。

ですので、「提供」する側が考えていかなければならないのは、「自分が書きたいこと」ではなく、あくまでも「読み手が求めていること」ということになります。

専門性と差別化

具体的にどのような内容で固めていくかが決まった場合、次にしていかなければならないことは、「専門性を明確する」ことと「他のサイト(ブログ)などとの差別化」です。

例えば、「自分のサイトが提供できるサービス(ネタ)はここが大きな特徴です!」としっかりとアピールしていき、他と違った特色を出していくことによって、

「〇〇のことなら△△(自分のサイトやブログ)が一番わかりやすい!(面白い)」と認知していってもらうことが出来れば、自然と集客をすることができ、そして一度来てくれた人がリピーターになってくれる可能性も増えていくということになるのです。

目的の明確化

そもそも「何のためにブログ(サイト)を運営しているのか?」といった部分もここに当てはまります。

全くの趣味であり、日記程度に書き記しているものであって、誰が見てもよいけれど、誰にもみられなくてもかまわない。自己満足であるといった場合であれば、そもそも集客について考える必要もなく、ターゲットも明確にする必要がないのです。

しかしながら、私も含め(私はどうなんでしょう… 目的がはっきりしないけど)ブログをかいたりサイト運営をしている人は、何か目的があっておこなっているんだろうと思います。

収入を得ることを目的としているのであれば、あくまでも「人がくること」「最終的にそれが商品購入などの目的に繋がっていくこと」をしっかりと目標として据えた上で、すべてのことを考えていく必要があります。

「広告」などを活用しての「収入」も目的としつつ、メインとしてはセラピーやカウンセリングのような相談などの、明確に目に見ることのできないサービスにつなげることを目的としている場合には、メルマガなどを挟んでいくことも重要になるようです。

…とここまでは実益などを考えた「目的」になりますが、「自分自身の気持ちの面」での「目的」といいますか「目標」も掲げていくことは必要でしょう。

私も実際にそうですが、せっかく自分の中では頑張っているつもりで記事を書いていたとしても、日に日に訪れてくれる人が減っていく時(よくあります)、

何のためにやってるんだろう」「何がしたいんだろう?」と考えてしまう「折れそうになる自分の気持ち」と対峙することになります。

そんなときに「自分の本当の目的(目標)」をしっかりと定めておけば、何か月か… 何年か先になるかもしれないけれど、その目的に向かって着実に進んでいくことが出来るでしょう。

サイト(ブログ)デザイン

実際に誰かと対面した場合、「見た目」はとても重要です。

会話を重ねる中で、「その人物」の中身が理解でき、とても良い人物であったとしても、最初の段階で「見た目」の要素に不潔感など不快感を感じてしまう要素があると、それ以上その人のことを知ろうとはあまり思わないでしょう。

サイト(ブログ)にも似たようなことが言えます。例えばファッションについての記事をまとめているところがあったとします。

内容が非常に素晴らしかったとしても、最初そのサイト(ブログ)に入った段階で非常に殺風景なデザインであったなら、なんだか期待外れな気がしてしまいませんか?

逆に全くかけ離れたデザインであった場合にはどうでしょう?

とても可愛い料理や家庭的な内容の話をメインにしているブログがあったとして、そのブログの全体のデザインが入った瞬間全体的に黒を基調にしているロック調のちょっと怖い感じのデザインだったら… ?

記事の内容とサイト(ブログ)のデザインとの調和がとれていない状態の場合に、せっかく来てくれている人がそれ以上見ていってくれない。といった残念な結果を招いてしまうこともあり得ます。

「読み手」が「期待している」ことについて「一種裏切りに近い」行為をしてしまうともいえるかもしれません。

ただ書きたいことを書いてしたいようにしているだけでは駄目

まとめになりますが、結論からすると「ただ自分が書きたいことを書きなぐり、自分がやりたいようにしか運営していない」場合には、「集客」の面では期待することができないということになってしまいますね。

考えてみれば簡単な話です。誰かが毎日思ったことだけをつらつらと書き綴っている。読み手のことは無視で読んでもよく意味もわからない。何が言いたいのかもわからない。といった記事がたくさんあったとしても、別に誰も見たくなくて当然です。

もっとも大切なことは「集客」を大暫定として考えているのであれば、「読み手(お客様視点)で物事を考えていく必要がある」ということです。

デザインもそうです。誰が見ても「気持ち悪い」と感じるようなデザインのところに、普通はいこうと思わないでしょう。びっくりしてすぐにリターンしちゃいますよね?

そういったところが好きな人であれば話は別なので、

「自分の好きなことを好きな時にかいている」系のサイト(ブログ)である場合には、集客目的というよりは、「自分と趣味(話)の合う仲間」を探しているか、自分の世界観を認めてくれる人待ちということになります。

コミュニケーションに重点を置いている場合については、それも良いかもしれません。

それこそ「目的を絞る」という部分になります。

「集客」を目的として最終的には「収入」などへとつなげたいと考えている場合には、常に「人が求めているであろう話」について模索し、自分自身も色々な下調べなどを行い、他にはない特色を出しつつ記事を仕上げていく、きっちりとした仕事のようなことをしていく必要があるということです。

やっぱり「収入」につなげようと考えると、「楽」なものはありません。
当たり前ですよね。

よほど「文章」を書くことに才能があり、運なども味方につけることが出来ている人は、自分の好きな文章をかいているだけでいい場合もあるかもしれませんので、一概には言えませんが。

私のように「何もないからこそ、何かとりあえず続けてみよう」程度の目的の場合には、もっと目的をはっきりさせた方が良いのかもしれませんね。

これといって趣味もなく、何か特定のことに非常に関心があるというわけでもないので、私の書いている話の内容は読み手側が求めているものではないことが多いのかもしないな… ということが漠然と調べてみて理解できました。

…といったところで特に何もできないので(笑)

私はとりあえずこの面倒くさがりで何も「続ける」ことのできない自分が「継続」していくことを一番の目的として、できるだけ毎日書いていこうと思っております。

では、また。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク