夏休みの宿題って親がやっても問題ないの?/手伝いの範囲ってどの辺?

スポンサーリンク

夏休みももう後半ですね。うちの当たりでは結構8月の終わりの方まで夏休みがあるのですが、早いところだともう来週位から学校が始まるとも聞きます。

皆さんのところはどんな感じでしょうか

さて、長い長い夏休み。計画をたてて宿題をすることができればよいものの、なかなか難しいものです。大人でも嫌なことは後回しにしてしまったり…

なんてことをやってしまい後になって後悔してしまうこともないですか?

私も小学生の頃、休みの最後の方まで宿題を残したまま遊び惚けてしまい、自分の父親に叱られながらなんとか仕上げたりしたものです。

現在では某フリマアプリなどで、「読書感想文」が販売されていたりするようですが、あれってどうなんでしょうか。「宿題やります!」なんてものもあるようですよね。

そういったものを購入することはしなかったとしても、親が子供の代わりにやってしまうとか…?(間違ってたら恥ずかしいな…)

色々あるようですが、そこで問題になってくるのが、「子供の宿題を親がやっちゃって問題ないの?」っていう部分です。

何か問題が発生することはないのか。今回はそれについて考えてみます。

スポンサーリンク

一切チェックしないのはHG

宿題はやっているのが当たり前だろう」と夏休み終盤になるまで一切チェックしないのは、NG行為のようです。

親自身がそういったことに対して意識が非常に低い場合には、子供はサボっている可能性も高くなりますし、たとえやっていたとしてもとても雑に(適当に穴埋めしているなど)仕上げているケースが多いよう。

また、わからないところはわからないまま放置します。

対策としては、自分の子供が一緒に宿題をやってあげないといけない子供であるか・終わっている宿題をチェックしてやるだけで大丈夫な子供かを知っておく必要があります。

大人でもほおっておいてもきちんと仕事をする人もいれば、隙あらばさぼろうとする人もいますよね。

大抵の人はきちんとしているので、できていない人を「なぜ?」と非難しがちになりますが、そもそも「なかなかできない(取り掛かれない)」人もいるということです。

子供のうちは義務感や常識などもこれから身に着けていくことになっていくので、まだまだ他に楽しいことなどがあれば簡単に忘れてしまいますし、

面倒なことはやらなくて済むのであればやらないでしょう。

毎日チェックしたり毎日一緒にやってやることは、共働きなどで親が非常に忙しい場合には、なかなか困難であると思われますが、週に数回・数日に一回程度でもチェックして把握しておくことが大切です。

家庭での学習である宿題について、親がきtんと管理できているか・否かは担任にはすでにバレているようです。

同じ間違いを繰り返したり、ちょっと考えればわかるようなことまできちんとしていないとなると、子供に学習をさせる」という親の責任を果たしていないと思われてしまうこともあるようですよ。

過干渉過ぎる親

逆に過干渉すぎてしまうことも、子供にとってはよくないようです。なんとも距離感が難しいですね。

基本的には宿題を一緒にやってあげたり、終わった宿題をチェックしてあげたりすることは、特に低学年の子供によっては有効な手段のようですが、

過剰にチェックしすぎることはこれまたNG行為なのだそう。

過剰なチェックという部分は、具体的に考えると「漢字の書き取り」などで必要以上に何度も何度も書き直しなどをさせる親のようです。

子供は「親(自分)」のコピーではありませんので、「完璧」をあまりにも求めて押し付けるような行為は基本的にいけないということになります。

今の世の中、特に漢字などであれば読めて意味がわかっていて、ある程度の形がわかっていれば、PCやスマホで簡単に出てきます。

大人になってからの方が、漢字なんてかかない気がしませんか。あまりにも「完璧」でなくても「ある程度」でよい時代にはなってきていると思われます。

とはいえ子供が漢字などに関心の高い子である場合など、興味をもってしっかりと自発的に取り組んでいる場合については、親も調べてでも聞かれたことは答えてあげると、より可能性をのばすことができそうですね。

親(代行業者など)が代わりにやってしまう

インターネットでみてみると、賛否両論ですよね。中には「宿題は子供に悪影響しかない」といった意見も見られます。

しかし宿題がなかったら、一体どうなるんだろう??自発的になにか物事を興味をもって行うことのできる子供であれば、夏休みのような長い休みの期間は何か自分が「全力でやりたいこと」に集中したいかもしれません。

その場合については、ある意味宿題は無駄というか、邪魔者でしかないという風にも考えられます。

でも自分のしたいことを時間をかけてじっくり行いたい、なんて特に小さい子供は思うでしょうかね。

よほど天才肌でもない限り、大抵「遊ぶ」ことしか考えていないのでは?

ゲームをしていたい!ユーチューブをみていたい!とかね。(うちの小学校3年の上の子がこうです)

私が子供の頃、夏休みの最後の最後まで宿題をためてしまい、父親に叱られながら仕上げた、という話は上でもかきましたが、

当時子供であった自分は「なんでこんな目に…」「地獄のようだ…」などと思っていたような気がします。

なんでやらんとあかんの?別にええやん」とかね。

でも大人になった今となっては、そのときのことを感謝している気持ちもあります。

確かにちょっと(いや… かなり)いやだったなぁという思いは今でも残っていますが、それ以上に「嫌なことを最後まで残していても結局最後には自分にすべて返ってくる」ということを学んだ気がします。

肝心な部分はそこです。

単純に「あたまが良い」だけでは生きていくことが難しい人間社会であるからこそ、「計画を立てて物事を終わらせる」「最後までやらなかったとしても結局自分でやらなければならない」と理解することが大切なのです。

私は社会人としてはまだまだ全く半人前でしょうし、全く頭もよくありません。それでも子供ができ、一応「育てる」ということを目標として毎日過ごしています。

問題を後回しにしない」「嫌なことから逃げない」ということは、子育てにとってもそうですし、仕事などについても同じことがいえるでしょう。

例えば考えてみてください。

子供のころ、面倒だから宿題をしなかった。ほおっておけば親がやっておいてくれたり、親が代行に頼むなりしてなんとかしておいてくれた。

少し成長して、親ではできない問題が宿題に出始めた。急に「自分でやりなさい!」と言われた。腹が立ったが結局親に代行を頼んでもらって事なきを得た。

大人になって就職しました。職場で面倒な仕事を任せられました。面倒なので親になんとかしてと言ったら無理と言われた。

代行もなかなかない。提出期限がきた。上司に怒られた。なんでだ?!腹が立つ。こんな仕事やってられっか!!

…ってなりそうじゃないですか?あくまでも例ですし、すべての人がこういうわけじゃないですが、こんなパターンもあり得るのでは?とどうしても思ってしまうのです。

場合によっては「詐欺罪」などに問われる危険性も

まず代行業者に頼んだ場合、そもそも代行業者が親からお金をだまし取ることが目的である場合には、それはもちろん業者側が「詐欺」をしたということになります。

実際に作業を行わないにも関わらず、あたかもきちんと行うかのように見せかけている場合ですね。

それ以外にも、「業者側が罪に問われる」可能性があるのが、「学校や塾などの正当な業務を妨害した」とする「信用毀損及び業務妨害」という罪にとわれる可能性もあるとのこと。

ですのでお金になったとしても、安易に人の宿題の代行などをするものではありませんよ。それ以上の罰金や場合によっては懲役をかせられてしまうことも考えられます。

親についても、「詐欺罪」の可能性が出てくることになりますが、これはどういった部分で発生してくる可能性が高いかというと、「子供がその作品で賞などを受賞してしまったとき」などになります。

例えば親が書いた読書感想文で子供が賞を受賞したとします。賞状や場合によっては景品や賞金(子供の場合は図書券などでしょうか?)を受け取ることもあるでしょう。

そうなると、「」がそういった「機関」や公募を行っている「会社」などを「だました」ということになってしまう恐れがあります。

もし手助けをする場合であっても、どの程度「手助けした」のかについて、担任の先生などに伝えておいた方が無難でしょう。

その際にはダマす意思」がなかったと証明できるようにするためにも、連絡帳などにきちんと書いておくとより効果的であると思われます。

私も手伝う際には、「〇〇は▲▲の部分までを私がしてみせて、後は最後まで自分で仕上げました。」など一文添えるようにしています。

「合否」よりも大切なこと

勉強は確かにできるにこしたことはないでしょう。でもどれだけ勉強だけができたとしても、わがままで自分勝手な自分本位でしか行動することのできない人間を、社会が欲していると思いますか?

良い意味でも悪い意味でも子供は真っ白な状態で生まれてきます。色を塗ってしまうのは周囲の環境や親などの周りの人です。

どんな色になっていくかは、どう接して対応していくかによってかわってくると思います。

今回は発達障がいや学習面での障がいを抱えている方などについては触れまていませんが、子供の個性を尊重しつつ、周囲の協力も積極的に得ていくことによって

」の精神的負担も軽減することができれば、子供とが素晴らしいものでいろいろな可能性を見せてくれるのではないかと期待させてくれるでしょう。

どんな子供であっても、どんな才能が隠れているかもわかりません。それを延ばしてやれれば一番ですね。

話はそれましたが、宿題」はあくまでも「合否」などの部分が肝心なのではなく、「自分でやること」に意味があるのです。ある程度間違っていても良いじゃないですか。

一生懸命考えたのであればそれもまたそれです。

間違いに関しては親がサポートすればよいのです。

これも「やってやれるうち」の話ですよ。低学年などのうちは親でもやすやすとできるかもしれませんが、高学年・中学生・はたまた高校生ともなったとき、なかなか代わりになんてできる親は少なくなってくるんじゃないでしょうか。

どうなんでしょうね?私に学がないだけでしょうかね…。

私個人の考え方ですが、例えば子供自身がしっかりと計画をたてて宿題をやっていた。でも量が多すぎたなどの理由でどうしても終わらせることが夏休み中にできなかった場合。

そういった場合については、担任などにきちんと相談した上で、必要であれば親がやっても良いのではないかと思います。

その際はあくまでも子供と一緒に「手伝うよ。」という名目でやってやっても良いのでは?と。やったことに対して評価することは必要です。

私もなかなか感情的な人間なので、どうしても「宿題は?!」と子供に言ってしまいます。

読書感想文や工作などは手助けはしていますが、問題の冊子やプリント類などは8月の頭の登校日までにすべて終わらせていたので、「なんだ…。私よりもちゃんとやってるじゃないか(笑)」と成長を少しうれしくも思っています。

夏休みも終盤ですが、まだ少し期間が残っている人も多いでしょう。

この機会に一度チェックして、できてない場合には時間をつくって計画を立て直してみてはいかがでしょうか。

↑↓ランキング参加しています!ぜひお願いします!

スポンサーリンク